« フロントスピーカーの交換(2) | トップページ | フロントスピーカーの交換(4) »

2010年11月10日 (水)

フロントスピーカーの交換(3)

こちら、フロントスピーカーの交換(2)のつづきです。

その前はこちら、フロントスピーカーの交換(1)


さて、やっと本題です。

ここからスピーカーの取り付けに入るのですが、方法は二つ。

・単純に新スピーカーの取付説明書通りに装着

・ちょっと面倒で、いかにもDIYな方法で装着

って、具合ですが、お薦めは単純な前者の方法です。

でも、私くらいのアンポンタンになると後者を選びます。


では、後者の面倒な方から。

インナーバッフルを使ってスピーカーを取り付ける

音にこだわる方なら、これの効果はご存知ですよね。

私はこだわらないので良く分かって無いんです。要は車の薄い鉄板にスピーカーを直付するより、木材を介した方が、本来の音が出るって事のようです。

で、その材料に最適なのがスピーカーボックスに使われるMDFボードなのだそうです。

私は工作好きとしての興味から、インナーバッフルを作る事にしました。

MDFボードはこの時、購入済みです。

厚さは18mmです。

※(俺も作るって人、まだ買っちゃ駄目ですよ。色々あるから、最後まで読んでから材料を決めてね。)

まず、取付部の採寸。

穴がφ95でボルトピッチが約123mmでした。

外寸140×115で型紙を作りました。

こんなの。

20101109_214240_0001

穴が2対あります。

元のスピーカーのボルトピッチが黒いラインの123mmで、赤いラインが新しいスピーカーの約120mmです。

微妙に穴ピッチが違うので加工なしでは、バッフルボードとスピーカーの重ね止めは難しいので、板の固定とスピ-カーの固定は別としました。

※1対だけで止めたい方はスピーカーのピッチと穴径を適当なサイズに加工してください。

これを板に写し取ります。

20101107_145223_0018

切り出して現物に合うように加工します。

※工具は他の趣味で揃えてます。

20101107_162447_0019

スピーカーの取付にねじの頭が邪魔なので溝を切りました。

新しいスピーカーの取付穴をもっと大な角度に振ればねじ頭は避けられるのですが、今度はキックパネルの取付の邪魔になりそうなので、振り角度はなるべく小さく取っています。

こんな物が出来ました。

20101109_221403_0001

苦労の跡がうかがえます。

中の穴がイビツに見える(右下)のは、配線コネクターが当る部分を広げたからです。

右側の溝が拡がり、長穴になっているのはスピーカーとキックパネルの網の位置が初めから少しズレていたので、スピーカーを少し奥に移動する為に長穴にしました。

スピーカーの取付の為に板の裏にツメ付きナットを埋め込みました。穴の中で白く光っている部分です。M6×15バインドねじで止めます。

裏側にクッションウレタンを貼りつけました。(適当に切ったのでガタガタです)

思わぬ計画外の苦労を分かって頂けるでしょうか。

20101107_191547_0022

配線して音のチェックの後、取付ました。

かなりガッチリ装着出来ていて、いい感じです。

ところが・・・。

もう遅いので、片方だけでも完成させる為にキックパネルを組もうとしましたが上手く付かないんです。

キックパネルがスピーカーの何処かに当って浮いちゃってます。

当日は強引に組んで、対策は後日としました。

※ちょっとした振動でキックパネルのリベットが飛ぶんじゃないかと心配しました。

-------------------------

つづきは後日にします。

« フロントスピーカーの交換(2) | トップページ | フロントスピーカーの交換(4) »

シエラ DIY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564221/49981554

この記事へのトラックバック一覧です: フロントスピーカーの交換(3):

« フロントスピーカーの交換(2) | トップページ | フロントスピーカーの交換(4) »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

個人様のブログ