« 電装滞留中 | トップページ | ジムニーシエラATの燃費(15) »

2011年1月20日 (木)

ジムニーシエラATの高速走行

高速走行については

【ジムニーシエラ高速走行】

【積載量と高速走行】

【ジムニーシエラATの燃費(6)】  で、書きましたが

『高速走行』の検索ワードで来られる方が多い様なので、修正と追加してまとめてみます。

----------------------

・進入加速

加速は決して良くはありませんが、加速レーン内で十分な速度に達し、余裕を持って走行車線の流れに乗る事は問題なく出来ます。

・巡航速度

100Km/h(+α)で走る事は可能ですが、燃費が落ちる事は覚悟してください。

巡航90Km/h位で余裕を持って走るのがおススメです。

・上り坂

勾配が強い上り坂になると途端に非力さを露呈してしまいます。

100Km/hで巡航しているとします。

この時、4速3000rpmでトルコンはロックアップされた状態です。

坂道にかかると速度がどんどん落ち、当然そのままでは回転も落ちますからアクセルを踏み込むと一旦3200rpm位まで上がります。

ロックアップが解除された状態です。

実は過去記事【ジムニーシエラ高速走行】の中に下記の様な大嘘を堂々と書きました。

登坂車線があるような上り坂になると、キックダウンで80Km/hで3000rpm。 一度だけ(我慢出来ず)さらにアクセルを踏み込んで、もう一段キックダウンさせて4000rpmまで踏んでみても、80kmが精一杯でした。

上記の『キックダウンで80Km/hで3000rpm』はキックダウンではなくロックアップが解除されたタイミングでした。

そして『さらにアクセルを踏み込んで、もう一段キックダウンさせて』、この時が3速にキックダウンした時です。

実を言うと、いままでロックアップと言う機構を知りませんでした。多分これまで乗って来た車にもあったのでしょうが、それを体感するような場面が無かったものと思われます。

上の記事の後、しばらくして疑問を感じ始めていたのです。

キックダウンで回転大きく跳ね上がった時が3速の筈ですが、その前に違う回転で安定する瞬間があり、それは3.8速があるかのような感覚です。

トルコンが段階的に回転伝動を変えているのかなといった推理をしている内に、カタログの主要諸元の中にロックアップ機構付トルコンと書いていた事を思い出し、コレがロックアップが解除された時の現象だとようやく気付いたのでした。

で、シエラATの高速道路、急勾配の上手な走り方は、

登坂車線に入りたくない方は、手動で3速に入れてブン回しましょう。4500rpm以上回せば、十分流れにのる事も可能ですし、追い越しに入る事も可能です。ただし、結構な回転数です。エンジン音しか聞こえなくなるでしょう。

登坂車線に入るのも気にしない方、やはり手動で3速に入れましょう。4000rpm回せば80Km/hで走れます。

Dレンジのまま走りたい方は、目一杯アクセルを踏んで、4速(3000rpm前後)⇔3速(4800rpm前後)の繰り返しをお楽しみください。笑っちゃうくらい登りません。

・騒音

100Km/h巡航でラジオのボリュームは3段階上げます。

この位の速度(回転)だとエンジン音は気にならず、ロードノイズと風切音がうるさく聞こえます。

シエラに乗りかえてすぐは、ディーゼルからだったので静かな車と感じていましたが、慣れて来ると結構な騒音と感じ始めました。しかし、街乗りでは音はまったく気になりません。

・走行状態

ショートホイルベースですから、直進性は良くありません。

かと言って普段全く意識する事は有りません。大型トラックに抜かれた時や突風にあおられると不意にふら付きますので、注意しましょう。ふら付き方も独特でリヤがふわふわと揺れる感じです。(人によっての感じ方は違うと思われます)

・コーナリング

特に悪いとは思いません。

ただし、コーナリング中に大きめの道路の継ぎ目を越える時、嫌なふら付き方をします。横Gに上で書いたリヤのふわふわが加わると言えば何となく感じが掴めるでしょうか。路面状態が悪いコーナーはココロして走った方がいいでしょう。

・燃費

100Km/h巡行で約11km/L。

90Km/h以下での巡行をおススメします。

・疲労度

長距離を運転すると普通に疲れますが、それ以上に運転が楽しい車です。

 

※こんなもんかな?

※なにか思い出したら加筆します。

« 電装滞留中 | トップページ | ジムニーシエラATの燃費(15) »

シエラ インプレッション」カテゴリの記事

コメント

ちわっす!

ジムニーの高速はきついですね。
それでもシエラはトレッドが広い分軽ジムニーよりずっと安定しているようです。別物だと聞きました。
通常ラックアンドピニオンのステアリングが多いのですが、これがボールナット。サスペンションは前後リジット。重量は1トンと軽く、背が高いので横風はマトモに影響しますね。
コーナーでギャップを食らうと硬いリアサスが跳ねてトラクションが抜けますのでビックリします。ショックをビルシュタインなどに交換するといくらかマシになうようです。オンロード専用と割り切ってローダウンしている人もありますが、私には理解できません。

ジムニーは高速道路も走れるオフローダーですね。乗用車ベースのSUVと比べてやるのは可愛そう。

ウチのCR-V(RD-1)は高速150km/h巡航も可能です。前後ダブルウィシュボーン・ラックアンドピニオンはシビック譲りです。でも山中に持ち込むと情けない事・・・加えて運転は面白くありません。

どもども>孫悟空殿

ジムニーはおろか軽で高速を走った事すら有りませんから、較べようがありませんが、シエラは結構楽に走る事が出来ていると思います。
少なくとも買う前に予想していたより、はるかに良く走ってくれます。
それも含め買い替えは大成功です。

>ボールナット

ステアリングが一番違和感を感じた部分です。
切れにキレがない、重さがふにゃふにゃしてる。と、おかしな表現したくなる感触でした。(まだ慣れない)


>高速150km/h巡航も可能です

こらこら。
http://normal-jb43.air-nifty.com/blog/2010/10/post-051e.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564221/50587335

この記事へのトラックバック一覧です: ジムニーシエラATの高速走行:

« 電装滞留中 | トップページ | ジムニーシエラATの燃費(15) »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

個人様のブログ