« 雪見ドライブ | トップページ | 亀さんステッカー入手 »

2011年2月12日 (土)

車内照明(1)マップランプLED化

随分前にこんなモノを買っていました。

20110117_141556_0003

ホームセンターにあったLigaroという、8灯LEDのルームランプキットです。

ルームランプが暗くて困ってるって訳ではなく、単にいじりたいから買っただけなんです。

で、やっと少し時間が出来たので交換してみました。

まず、マップランプのカバーを取り外します。

20110211_152451_0001

カバーは前後各2ヶ、4ヶ所のツメで止まっているだけなので、カバーを前後方向に潰すようにして前側、後側と片側ずつ引けば簡単に外す事が出来ます。よっぽどヘマをしない限り、ツメが折れる心配はないと思います。

電球は”T10”のピンタイプのウエッジ球です。

交換だけならウエッジ球からLEDキットの接続アダプター端子に挿し替えればいいだけなのですが、今後の為にドア連動の配線をチェックしておきます。

二本のねじを外すとソケット裏にカプラーで繋がった線が現れます。

20110211_153105_0002

これを検電テスターでチェックしました。

左の【赤/黒】の線はドア連動のマイナスです。(これをマイナスコントロール車と言っているようです)

中の【白】は常時プラスです。(直結)

右の【黒】は常時マイナスです。(ボディアース)

配線図にするとこうでしょうかね。(電気もど素人なので違ってたら指摘してちょ)

Room_haisenzu

要するにアレです。

ドア連動の照明を追加したい時はアースを【赤/黒】の線に取ればいいって事です。

マップランプの位置では分岐のスペースが狭いので、Aピラーの中で取った方が良さそうです。

Aピラーカバーの外し方はこちら

Aピラー中の配線コードに余裕がないので、分岐コネクターを使いたい所ですが、細線用のコネクターを持っていなかったので、電源取り出しは次の機会にする事にします。

で、LEDキットを取付ました。

ルームランプ内にキットを両面テープで張り付ける場所が見つからなかったので、キット付属の部品を利用してカバーの内側に取り付てから、点灯チェックしました。

-----------------------------

※2/12追記

LEDランプの大きさは22×39×4.5で左右方向には余裕がありますが、縦22mmはランプカバーに近い所でなければ入りません。ランプケース内にベタ付ではカバーがハマらないと思います。

-----------------------------

20110211_160826_0003

わっ、眩しい。

プラスマイナスを逆に付けると点かないらしいですが、偶然上手く行ったようです。

元通り組み付けて、点灯してみました。

20110211_161706_0004

わっ、やっぱ眩しい。

まともに見ると目が眩みます。

気を付けないと。

8発でも十分明るいですよ。

やってて言うのもナンですが、ルームランプってそんなに明るいのがいいんですかね?

黄色い温かみがある光も捨てがたいとチラッと思いましたよ。

20110115_152744_0003

次は足元の照明でも。

※マップランプ本体と言うか、ルームミラーブラケット兼用マップランプを外すと、天井の内張りの前側が離れます。内張り押さえも兼ねていたんですね。よって配線を通したい時はこれを外すとやり易いです。

以前、取り付けたレーダー探知機の配線を深く入れ直しました。

« 雪見ドライブ | トップページ | 亀さんステッカー入手 »

ランプ類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564221/50838937

この記事へのトラックバック一覧です: 車内照明(1)マップランプLED化:

« 雪見ドライブ | トップページ | 亀さんステッカー入手 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

個人様のブログ