« ジムニーシエラATの燃費(22) | トップページ | 車内外温度計取付 »

2011年3月24日 (木)

エアゲージ

以前の記事の中でエアーを高めにセットして入れようとしても入らなかったと書いた事があります。

それで自前のエアゲージを購入したのですが、そこまでやったら安心して放置していました。

本日、初めて空気圧を測定してみました。

FUJIX MAN21   エアゲージSB です。

げっ!なんだこれ。

20110323_130223_0002

このゲージが合っているとしたら、とてつもなく高い空気圧です。

メーカーの指定はこうなっています。

20101210_164650_0002

ゲージは4輪とも240kPa付近を指していました。

納車からこの空気圧だったのか気になって整備手帳を確認してみました。

納車時の検査に空気圧があり、そこにはチェックマークがありました。その時の空気圧は不明です。

一ヶ月点検では項目にありません。

六ヶ月点検には項目があり、そこには”A”と記入されていました。Aってなんだ?

調べると調整したと言う事のようです。

あれからそんなに走っていませんから空気圧は変わっていない筈。

ってことはあの空気圧に調節した事になります。

ありゃ?

ディーラーの整備士さんが間違うわけないですよね。

ゲージが狂ってますのん?

んん?でも、あの時はGSのエアーポンプで200kPaにセットしても一切入りませんでしたよ?

正確なの空気圧はどこに行けば計れるんでしょ。

タイヤショップかな?

========================

3/24追記

本日、購入のエアゲージで見て2割UP位の空気圧まで抜きました。

かなりのエアを抜いた感覚です。

そのままGSに走って、移動式空気入れのゲージで確認すると、自分のゲージより高く出ています。200kPaに合わせた圧が210~220kPaを指していました。

自分のゲージが一目盛10kPaに対しGSのゲージは20kPaです。えらく雑な調節しか出来ませんが、こんなんでいいんですかね。簡単に利用出来る空気入れで一番精査出来そうなのは、固定式のあのチンチンなる空気入れが目盛りが細かくて良さそうです。こちらでの確認は時間が無かったのでやっていませんが、また今度、自分のゲージと比較してみます。

ところでこの二つのエアゲージがそう遠くない値を示したという事は、六ヶ月点検のエア調節は240kPa付近にされた事は間違いなさそうです。他の車種用と勘違いしたのかな?

空気圧を調節後、クッションが良くなったのがハッキリ分ります。

ハンドルの切れが重くなったというより、鈍くなったように感じました。

多分これが本来のクッションとハンドリングなのでしょう。

燃費は・・・・・。

« ジムニーシエラATの燃費(22) | トップページ | 車内外温度計取付 »

シエラ 小ネタ」カテゴリの記事

ジムニーシエラ整備」カテゴリの記事

コメント

私は千キロ辺りまで規定値にしていましたが、特に前輪の外側ばかり減りました。0. 2 位高くしたら、そういうこともなくなったようです。ご参考まで。

>ジムニー初心者殿

ちゃんとご自分で調節なさってたんですね。0.2(たぶんKgf/cm2)高くって事は調整後の私のと同じくらいですね。

前輪の外側が減るのはほとんどの車がそうだったので、そんなものと思っていました。ローテーションを小まめにやる事にしましょう。

へ~?
”ローテーションは、5千kmから1万kmの走行ごと”が標準ですって、今までそなに頻繁にはやって事無かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564221/51201256

この記事へのトラックバック一覧です: エアゲージ:

« ジムニーシエラATの燃費(22) | トップページ | 車内外温度計取付 »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

個人様のブログ