« エアゲージ | トップページ | ジムニーシエラATの燃費(23) »

2011年3月26日 (土)

車内外温度計取付

シエラには温度計が付いていないので以前から付けたいと思っていたのですが、たまたまホームセンターで見かけた温度計が安かったので飛びつきました。

帰ってから良く見ると、電池式でした。

事前にどんな種類があるか調べていて、温度計と電圧計が付いたものがいいだろうと思っていたのですが、そんな事は忘れて購入してしまいました。電池式ですから当然電圧計はありません。

まあいいでしょう、買った物は無駄に出来ませんから取付ましょう。

NAPOLEX Fizz-855 アウトインサーモクロック です。

20110311_114211_0003

表示は液晶パネル左から時計、外気温度、内気温度となります。

時計はナビにもレーダー探知機にも付いているので不要なのですが、この手の品にはもれなく付いて来ます。

外気温を計るにはセンサーを外気にふれる場所に設置する必要があります。

内気温は本体内にセンサーがあるようです。

では、まずは家でのテストから。

上の写真はセンサーを窓の外に出した時の外気温が表示されています。

センサーの隣で計った水銀温度計との誤差を見ます。

20110311_114333_0006

12℃弱を指していますからほぼ問題ない精度でしょう。

矢印はセンサー設置候補場所です。

201103127

配線経路になりそうな、このパネルを剥がしてみました。

20110312_152616_0008

外し方は黄色矢印のクリップ部分に内貼りはがしを突っ込んで、エイッとやるだけです。写真の矢印を見てもらえば構造から外す要領はつかめるでしょう。青矢印は下に向いたツメですのでご注意を。

本体取付はレーダー探知機の上にしました。矢印はセンサーの配線経路です。

2011031215

2011031216

2011031217

線が細いので窓枠のウエザーストリップの下のリブを縫うようにして外へ出す事が出来ました。振動で切断される可能性はおおいにありますが、切れればそれが寿命とします。

で結局、センサーはここに取付。

2011031218

ドアミラー基部で、上から三番目の写真で言えば緑の矢印部分です。

で、稼働開始。

問題だらけです。

本体は直射日光を受けると熱せられて、非常に高い温度を示します。室内温度ではなく本体の温度ですから正常な数値なのです。取付場所は日が当りにくく、エアコンの影響を受けない場所でなければならなかったようです。

ちなみに最高47℃を示していました。太陽光線を背中から浴びるようになってしばらくして、初めて正常らしい温度になりました。

外気温度はやはり熱せられた取付部の温度を示しているようでしたが、走りだして5分位で安定しました。しかし、道路に設置された温度計とは2~4℃くらい高く出ていましたので、どちらが正なのか判断はできません。

日が当たらない夜なら、正常な温度が出るのかも知れませんが、バックライトはボタンを押して5秒間点灯、それもライト色がブルーなので非常に見難いです。

説明書中の下記は私の感覚、視力でははっきり嘘と言えます。

バックライト付で暗い所でもはっきり見えます。

取付位置の変更は、またの機会に。→4/11変更しました

« エアゲージ | トップページ | ジムニーシエラATの燃費(23) »

シエラ DIY」カテゴリの記事

シエラ パーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564221/51196034

この記事へのトラックバック一覧です: 車内外温度計取付:

« エアゲージ | トップページ | ジムニーシエラATの燃費(23) »

無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

個人様のブログ