« ジムニーシエラATの燃費(26) | トップページ | ドアミラー自動格納装置の取付(1) »

2011年4月18日 (月)

備忘録-ヒューズボックス

私的備忘録です。

必要な時に、現物を見たりや取扱説明書をめくったりするのは面倒なので画像を貼っておきます。(あれでも検索する方がいるかも知れないので、そんな方の為にヒットし易いワードも入れておきます)

ジムニーシエラ JB43W 7型 Xアドベンチャー No.2(運転席足元)のヒューズボックス

----------------------------------------------

※2/19の記事に新しい情報を追加して、新しい記事としました。

※次のDIYの為にヒューズボックスの電源の種類を検電テスターを使って調べました。検電テスターですから単に電気が流れているかどうかのテストです。

20110418_141059_0015

Jimnyhusebox1a

ONはキーをオンに回した時に電気が流れるON電源です。

ACCはキーをACCに回した時に電気が流れるアクセサリー電源です。

常時ははキーを挿さない状態でも電気が流れる常時電源です。

◎スタートはキーをスタートまで回した時に電気が流れる電源です。(セルモーター)

※あくまでもヒューズでの確認です。

ヒューズのタイプは、30Aのパワーウィンドウ以外はミニブレードタイプです。

※現在、交換しているのは3つ。

・(5)のシガーソケットのヒューズをヒューズ電源へ交換してレーダー探知機の電源を取っている。

・(7)のホーンのヒューズをヒューズ電源へ交換してドアミラー自動格納装置の電源を取りました。

・(2)のリアデフォッガーのヒューズからヒューズ電源でオートライトの電源を取っている。

あ、ヒューズボックスの蓋を見て分かりましたが、フューズプラー(フューズを抜く為の簡易工具)が付属しているようです。私はラジオペンチを使いましたので、どんな形状のものか確認していません。

20110418_141026_0014

中央付近に『FUSE PULLER』と書いています。

非常に狭く暗い所にありますから、フューズプラーを外すのも手探りの気がします。

※ヒューズボックスカバーは両サイドをつぶす様に押さえて引っ張れば外れます。

« ジムニーシエラATの燃費(26) | トップページ | ドアミラー自動格納装置の取付(1) »

ヒューズボックス」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しちゃいました。
福島に友人がありなんだかんだで、忙しくしておりました。地震は仕方ないとしても原発は厄介者です。今日明日は西日本全体朝鮮半島にも放射能物質が飛散しそうです。(ドイツ気象台の予報)
STPガストリートメントってのが近くのDIYで2~3百円で売っているのですが、ジムニーは2割程度燃費が良くなりました。CR-Vは変化なし・・・。フィットは一割程度であまり効果を感じません。
車や運転の仕方で、効果期待できます。

>孫悟空殿

震災以降書き込みが無いので気になっておりました。御無事で何よりです。

対岸の火事の様な書き方になってしまいますが、福島の件は少しでも早く終息してもらいたいものです。

>STPガストリートメント

2割upはすごいですね。
私はこの手の添加剤は信用しない主義です。ですから一度も手を出した事は有りません。

よっぽど燃費が低下したら”藁にもすがる”程度の認識で手を出すかも知れません。

偏屈な頑固オヤジですみません。

ありがとうございます。おかげさまで出来ました。

落合薫男殿

お役に立てて良かったです。
わざわざコメントありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564221/50913060

この記事へのトラックバック一覧です: 備忘録-ヒューズボックス:

« ジムニーシエラATの燃費(26) | トップページ | ドアミラー自動格納装置の取付(1) »

無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

個人様のブログ