« オイル交換(1万Km) | トップページ | タイヤローテーション(1万キロ) »

2011年5月10日 (火)

0W-20のインプレ

先日交換したエンジンオイル『カストロール マグナテック 0W-20』の感想を忘れない内に簡単に書いておきます。まだ、高回転域を使うような激しい運転はしていませんが、今の使用感覚に慣れてしまったら、何が変わったのか解らなくなりそうなので、通常の使い方をした時の新鮮な感想のみ先に書く事にしました。

スズキ純正の『エクスター 5W-30』からの変更です。

交換後、直ぐに感じたのがアイドリングが静かになった事。粘度の低いオイルは静粛性を損なうと思っていましたので、意外でした。 昨日の 高速走行でも定速走行している時は静かに感じました。

ただし、加速時の『ひゃーーーー』、減速時の『ひゅーーーーん』と聞こえる音(メカニカルノイズ?)は大きくなっているようです。街乗りでもそう感じていました。

アイドリングの回転が少し高く感じますが、それほど以前の回転を正確に見ていなかったので何とも言えません。それから、なぜかシフトアップのショックが強くなり、エンジンブレーキの利きが悪くなったように感じました。いつもより車の挙動に神経を向け過ぎていたせいでそう感じたの知れません。

当然ですが、排気臭はまったく違います。エクスターは変なニオイと感じていましたが、マグナテックは普通のニオイです。(普通ってなんだ?)

始動性は掛かりが悪い事がまだないので良くなっていると言えると思います。エクスターの時はオイル交換の直後、なかなか掛からない事が何度かあり、使用距離が増えると掛かり具合が一定になる様でした。その一定の状態も掛かかりが悪いと感じていました。その部分の始動性だけを比べれば変わっていないと言えます。

簡単言えば、期待したほどの効果は無かったが、少しはは改善されたって事ですね。

感覚の問題だから、人それぞれでしょうし、気持の問題で受け取る感覚が変わる事はよくある事ですから、読まれる方はスキに受け取ってくださいませ。って、締まらないインプレでございました。

もう少し様子を見ましょうね。

20110508yabakei

※5月8日、新緑の耶馬渓にて。

« オイル交換(1万Km) | トップページ | タイヤローテーション(1万キロ) »

シエラ インプレッション」カテゴリの記事

ジムニーシエラ整備」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。はじめまして。
ジムニーシエラのエンジンオイルのことで検索していたら、こちらのサイトにヒットしました。
私の車両は19年式でのワイルドウインドで約2万キロの物を中古で購入しました。
私のも買ってしばらくしてから、始動性が悪くなり、一度調べさせましたが再発せず、手元に戻ってから再発。最近は面倒なのでクランキングを長めにするとなんとか掛かるので放っておいています。
修理に入れたときプラグを全交換と添加剤を入れたみたいです。
オイルの粘度については伺っていませんでしたが、もしかしたら固いのが入っていたかもしれませんね。
私も今度0w-20を試してみようと思います。ちなみに夏場はどうされています?

ども、ようこそ。
夏場に掛かりそうな時↓↓は、ビビって5w-30を使ってます。
http://normal-jb43.air-nifty.com/blog/2012/06/30000km-b236.html

こちら↓↓の記事のコメント欄も参考になるかも知れません。
http://normal-jb43.air-nifty.com/blog/2012/12/4km-e2d9.html#comment-75335107

お判りと思いますが、自己責任でお願いしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564221/51629207

この記事へのトラックバック一覧です: 0W-20のインプレ:

« オイル交換(1万Km) | トップページ | タイヤローテーション(1万キロ) »

無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

個人様のブログ