« フォグランプHID化完了 | トップページ | フォグランプHID化(2) »

2011年6月15日 (水)

フォグランプHID化(1)

先代の車はヘッドライトを明るくしないと危険と思えるほど照度が落ちていましたが、シエラに乗り替えてからは、ハロゲンではありますが随分明るくなって、これなら慌ててにHIDに換える必要はないと感じています。

ヘッドライト に関しては金銭的に余裕がある時に、信頼性の高い製品を取り付けられれば一番いいと思います。

一方のシエラの純正フォグライトと来たら、どこを照らしているのか分からないほど貧弱さです。

私の初代の車には『CIBIE』『マーシャル』の大径バケットフォグ&スポットライトが後付けして、夜の山道をギンギンギラギラと走っていました。暗闇の中で黄色く映し出される景色が大好きでした。結局、その『CIBIE』 『マーシャル』 はそれから四代目の車まで、引き継がれ活躍してきましたが、先代の車の純正フォグがなかなか優秀だったので、引退となりました。(最近の車は取り付ける場所が無いってのも有ますが・・・) 『CIBIE』はヘッドライトでした。

そんなフォグ好きの私ですから、純正フォグをHIDに替えたくなる気持ちも分かって頂けるのではないでしょうか。求めるのは幅広い照射のみです。

前置きが長くなりましたが、それを踏まえた上でHIDキットの選定です。

条件は35W以下の3000K(イエロー)。

フォグなので最悪故障しても危険はないので、上等な品は不要です。しかし、激安品は怖い気がするので一万円前後の製品から選ぶ事にしました。

(HIDキット フォグ 35W 3000K)で検索して、飛んで飛んで飛んで回って回って回ってたどり着いたのが怪しげなページ構成と宣伝文句のここ。これで無ければ成らない理由は有りませんが、一応条件は満たしているのとレビューもチェックしてポチっと。

20110608_182957_0002

決して早い対応ではありませんでしたが数日で届きました。

段ボール箱に入って一見確実な梱包に見えますが、中にはクッション材も入っておらず白い箱の下に小さな箱を2個並べて高さを調節しているだけでした。

で、白い箱を開けると、出たー。いかにも安っぽい緩衝材と怪しい機器達。

20110608_183908_0003

予想外にペラペラの緩衝材と言うか、機器の形に凹んだトレーです。

えらくエコな(貧弱な)型付きプレスチックトレー は見事に数か所割れております。そりゃ、こんなんじゃ割れますって。

まあ、製品には凹みも傷もないので良かったようなものの、こんな所をケチってはいけません。第一、キットまで安っぽく見えて来ます。

てか、本当に安物の気がしてきた。

説明書はこの1枚だけですが、ちゃんした日本語で書かれていました。

20110608_190326_0004

中身を引っ張り出して、製造元を調べようとしても何も出て来ません。MADE IN なんちゃらも無いんですね。

バラストにショップのシールが貼ってある以外は製造国やメーカー名が分かるような物は何ひとつなく、バーナーのケースにすらシールがありませんでした。

まあ、良かろうが悪かろうが、取り付けるんですけどね。

って事で、すべて接続して見ました。

20110615setu

 

バッ直でリレーを使います。

上がリレーで40A、プラス側の線の途中にヒューズがあり、中を確認すると25Aでした。

リレーからバラスト/イグナイタのユニット、そしてバーナーに繋がります。それぞれのカプラーの防水はしっかりしているようです。

リレーを使うのでゴムキャップから出た配線は不要です。フォグなのでゴムキャップも不要のようです。

あとは実車への取付ですが、今日はここまで。

フォグランプHID化(2)へ続く

« フォグランプHID化完了 | トップページ | フォグランプHID化(2) »

HID化」カテゴリの記事

シエラ DIY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564221/51929559

この記事へのトラックバック一覧です: フォグランプHID化(1):

« フォグランプHID化完了 | トップページ | フォグランプHID化(2) »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

個人様のブログ