« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月の記事

2011年8月22日 (月)

ジムニーシエラATの燃費(41)

満タン法で計算しています。

チョイ乗り50kmと残りは渓流釣り釣行に使いました。高速道路は200Km、それに結構山道も走りました。

370.0Km/33.2L=11.14Km/L

夏の渓流釣り釣行の平均数値がこの位になりそうです。

12Kmは諦めました。

でも、たまには行ってよ。

20110821_152352_0007

※うちのワンコ、 置いて行かれたら嫌なので、リアゲートを開けるとすぐ乗ります。

2011年8月17日 (水)

車内天井用網棚(改2)

ロッドホルダーに網を取り付けて網棚として使おうって事で何度か改造しています。

最初がこれ『自作ルーフネット』。

これを改良を加えたのが『車内天井用網棚(改)』。

最近、貼ったテープがみすぼらしく剥がれて、結束バンドで固定した位置がずれて来ました。

今のままで十分使い易いので、この構造で美しくスッキリに見えるように作る直す事にしました。

まず、ハンガーの型を取りまーす。

20110810_155126_0001

これから型紙を起こしまーす。

20110810_155146_0002

型紙を使って、ポリカ板(2mm)に図を描き、各二枚切り抜きまーす。

20110810_155221_0003

このプレートを両面テープでロッドホルダーのハンガーに貼り付けます。

20110810_162047_0004

左も貼り付けて、ビス止めします。

20110814_161031_0012

φ16アルミパイプの両端にエンドキャップを貼り付け、プレートの穴に挿し込んでから、プレートから出た両端にウレタンクッションカバーを被せ、パイプのズレ止めストッパーとします。

そしてゴムネットを被せてスッキリ仕上がりました。

20110814_171010_0016

この構造では右のハンガーは使いにくい状態になりましたが、予備のロッドを乗せるつもりなので問題ないでしょう。赤青のネットは特に必要ありませんが、余ったので付けています。

左側にはロッドを固定する事が多いので、プレートの断面にクッション材を追加しました。

20110815_180310_0001

エースロッドの6’02”は傘の位置にゴムネットで挟みます。ネットでプレートに貼り付けたクッションに押し付けて固定する事になります。

この左外の位置が一番積み下ろしが楽で安全な位置なのです。

思っていた以上にキレイに仕上がりました。

満足です。

※今回の改造で使用したプレートは2ミリのポリカ板ですが、注意をしないと穴明けの際、割れてします。綺麗で見た目はいいのですが加工が面倒なので、3mm程度の合板が加工しやすく粘りもあっていいようです。(割れて使えなくなったプレートは3mmの合板に変更しています)

2011年8月16日 (火)

ジムニーシエラATの燃費(40)

満タン法で計算しています。

今回は長距離のみの使用です。

一般道と高速道路、半々といった所でしょう。

451.1Km/37.65L=11.98Km/L

満タンで出発して、帰りはGSに直行しました。

440Kmを超えるとガス欠が心配でびくびくです。

九州方面に行った時のいつも通りの燃費でした。

20110718_122650_0005

※画像と文は関係ありません。

2011年8月14日 (日)

オイル交換(15000Km)

長距離を走るので早めにオイル交換を行いました。

今回は暑さにやられて弱気の5W-30でございます。

ショップYHに行ったら今のオイルと同銘柄で安いのがこれだったってのが真相ですが・・・。

20110811_183614_0006

オイルにリッター千円以上は払えねえよ。って心理ですな。

今のオイルと同様のAPI SN規格ですが、左下に前回はFEと書いていましたが、今回のはKと書いています。何のこっちゃ分かりませんがいいんです。気にせず入れちゃいましょう。

で、今回は廃油受けは使わず、廃油処理箱(5L)に直接受けました。

全然問題ありません。5Lなので余裕あり過ぎなので、違うメーカーに4Lの廃油箱があったと思います。次はそちらを使う事にしましょう。

前回はドレンプラグを外す時に手がオイルまみれになってしまったので、今回は多少学習して、外れそうな所まで来たら、指ではじく様に回してプラグは廃油処理箱に落とす作戦とし大成功でした。処理箱直の使用ならではの技でございます。

20110811_182344_0005

出て来た使用済オイルはさらさらでした。

で、新しいオイルの5W-30は0W-20との違いですが、色は多少薄い気がしましたが、見た目で分かる程の粘度の差は無いようです。3ヶ月前に見たオイルの記憶と比較しようなんて無謀ですよね。信用性0の比較でございました。

全部(3L)入れてやっとオイルゲージの下限を少し超えた所です。前回の余りのオイル0.4Lを追加して丁度良くなりました。前回の余りは計算上は0.3Lの筈でしたが、実際には0.4L位残っていましたから、前回の使用量は3.6Lと訂正しておきます。

今回の使用量は3.4Lです。

換えた当日、長距離に出発して無事15,000キロを超えました。

20110812_91608_0002

換えてから特に変化は認められません。

実はメカニカルノイズが大きくなったように感じましたが、前回のオイル交換の際もそんな風な事を書いています。交換の度に音が大きくなっていたら堪ったものじゃありません。

これは違いを探そうとしたら聞こえて来たってだけの、気のせいでしょう。

人間の脳はそんなものです。耳を澄ませば大きく聞こえるのです。

2011年8月11日 (木)

ジムニーシエラATの燃費(39)

満タン法で計算しています。

二回分です。

最初は長距離360Kmとチョイ乗りです。

長距離は一般道200kmと高速道路160Kmといった感じです。

434Km/37.36L=11.62Km/L

もうちょっと良くていい筈ですが・・・。

次は100Kmの一般道とチョイ乗りです。

131.3Km/14.74L=8.9Km/L

こ、これは・・・・。

エアコンですね。

20110702rod

※純正のロッドホルダーにトラウトロッドを積んだ様子です。

6'02"はフロントガラスに当たるのでトップカバーを付けています。

5'は余裕です。5'04"までは曲げずにいけます。

2011年8月 9日 (火)

エアコン低圧管断熱

エアコンの低圧管に断熱材を巻きました。

「そんなもん意味ないよ」なんて意見を聞きますが、試しにやって見ました。って言うか、藁にもすがりたい。ジムニーは空調全体が良くない気もします。

ちょっと時間が空いた時に、少しずつやって、なんとなく完成した感じですが、ナンか締まりがなので、も少し何かするかもです。

家庭用エアコンの断熱材を買って来まして、切れ目を入れて被せます。

20110727_185420_0006

で、多分、こんな使い方をするだろうと思って、随分前に買っていた『アルミガラスクロステープ』を貼っていきます。

20110727_190441_0007

少し切っては貼るの繰り返しで、少しずつ全体を覆っていきます。

20110807_174046_0007

一応、巻き終わりました。

で、効果は?

実はあまり期待していなかったのですが、冷房の利きが良くなっているように感じます。

気分的に涼しくなったも含めて、これはこれで効果ありとしておきます。

ま、私に感覚だけでの判定ですが・・・。

でも、ウインドウ付近に手をやると空気が暖かいです。

ウインドウに断熱フィルムを貼った方が効果が大きいんではないでしょうか。

調べて見ると透明断熱フィルムってのもあるのですね。

安く出来るようなら、これはいいかも。

2011年8月 5日 (金)

トリートメント

10日程前にSGコートに付属していた、トリートメントを施工してみました。

別に塗装や表面処理の状態が悪くなった印象はないのですが、10ヶ月も水洗いだけで過ごして来たので、気付かない内に劣化しているかも知れないと思い、トリートメントをする事にしたのです。

トリートメントキットの説明にSGコートの被膜表面の光沢感を維持する為に、定期的に手入れしなさいと書いています。定期的だそうです。

定期的ってどの位?

どこにも書いてません。

ワックス掛けだって、人によって定期的な期間が全然違いますが、その程度の定期的ですの?

目安位書いてくださいな。

20110723_132908_0001

効果は表面の汚れを落とし、SGコート本来の性能を取り戻すんだそうです。

本来の性能って何?

ガラス系の強固な皮膜と汚れが付着しにくい滑らかな表面みたいな感じでしょう。なら、性能を回復するのではなく、保護膜を作るだけと思うがなあ。

ま、説明に従って処理しました。

20110723_132914_0002

まあ、あれと一緒。

水を拭き取らずに塗布出来るワックスね。

効果も同様と思うね。

スポンジにスプレーするとムース状の泡が出て、そいつを水を含ませながら塗り塗りシコシコすると、すぐに泡は消えてどこまで塗り塗りしたのか分からなくなる。で、ムースを追加して塗り塗り、と繰り返して終了。(洗剤と液体ワックスの中間みたいな感触です)

水拭き入らずのワックスならあとは拭き取って終了だけど、こいつは水で洗い流せとある。

20110723_134415_0003

そして水滴を残さず拭き取る。

結構面倒。

簡単に分けると4工程となる。

1、普通に水洗車

2、トリートメント処理(説明書には優しく洗うと書いてある)

3、水で洗い流す(何も流れて行かないので、ただ水を掛けてる感じ)

4、拭きあげて完了

で、感想。

何も変わった感じではない。

その後、雨が降ってないので撥水も不明。

虫の死骸の付着が少なくなった気がするが、気がする程度。

と、またまた意味のないレポートでございました。

2011年8月 2日 (火)

ジムニーシエラATの燃費(38)

満タン法で計算しています。

完全にチョイ乗りのみです。

データが少ないので誤差が大きいと思いますが、思ったよりいいかも。

給油の時、少し噴きこぼしました。

93.4Km/10.75L≒8.69Km/L

ココで言うチョイ乗りは片道5Km以内でエンジンが暖まった頃、到着する位の近距離がほとんどです。

2011073101

※7/31 匹見川沿いの廃道にて

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

個人様のブログ