« ヘッドライトチューニング(2) | トップページ | フォグランプの光軸調節 »

2012年12月18日 (火)

ヘッドライトチューニング(3)

ヘッドライトチューニング(2)の続きです。

交換してもらったバルブを取り付けました。

前記事で触れましたが、もう一度、新バルブの紹介を。

-----------------------------

IPF 『スーパーロービームX H4 クリアー』 品番 X41

60/80Wの高効率バルブ、色温度3200K。

-----------------------------

※ロービームがハイワッテージ化されています。

これを選んだ理由はバルブが透明である為、光の減衰が少ない事、電力(W)が大き過ぎない事(樹脂製レンズ対応)です。

ご参考にバルブの交換方法も記録しておきます。

ジムニーシエラの左ヘッドライト ハロゲンバルブの交換です。

20121216_134129_0003

コネクターを抜きます。
挿し込んでいるだけなので、固くても上下左右にコネながら少しづつ引くと外れます。

20121216_134158_0004

ゴムブーツを外します。
これもはめ込みなので、引っ張れば外れます。

20121216_134217_0005

バルブ抑えのばね(針金状)を外します。
ばねを引っ掛かりから押さえながら外し開放します。

20121216_134243_0006

バルブを抜き取ります。
もうフリーの状態なので、つまんで出すだけです。

20121216_134252_0007

取り付けです。

バルブを差し込みます。
三本の爪を溝に合わせて入れます。

20121216_134334_0008

ばねで押さえます。

20121216_134355_0009
ブーツを履かせます。
ヘッドライトの防水ブーツなので、外側もバルブ側も完全に納まる様にセットしましょう。

20121216_134510_0010

コネクターをはめ込みます。
奥までしっかり挿し込みましょう。

20121216_134530_0011

これで片側の交換終了です。

右側を交換する時は、エアーダクトが邪魔になるので外してからやるといいでしょう。

20121216_134912_0013

左を交換した時点で左右の明るさを比較して見ました。

20121216_134615_0012

昼間、木目調合板に照射しています。左の方が明るく、明るい範囲も広がっているのがハッキリ分かります。右側は白っぽいのですが、薄暗く感じます。

両側交換しました。

20121216_142513_0015

今度は両方点灯して安心しました。

薄暮の走行しかしていませんが、このやや黄みがかった色はかなり見易いです。

先日、バルブ交換前に吹雪の中を走る機会があったのですが、ヘッドライトの明かりだと降る雪を照らすばかりで路面は見づらい状態で非常に怖い思いをしました。ところがヘッドライトを消して、フォグランプ(レモンイエロー)だけを点灯すると、信じられない位に見やすくなりました。

ヘッドライトを点けないと違反になるので、大雪の間の対向車がいない時のみの走行ですが、ああいった状況では黄色ランプが見えやすい事がよく分かりました。(フォグランプが下向きなのも影響していると思いますが)

と言う事で、ヘッドランプには黄色は使えませんが、淡黄色系である色温度の低いバルブを強くお勧めします。

以上で、ヘッドライトのチューニングは終了します。

« ヘッドライトチューニング(2) | トップページ | フォグランプの光軸調節 »

シエラ DIY」カテゴリの記事

シエラ パーツ」カテゴリの記事

ランプ類」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
本日札幌は昨日から30cmの大雪で標高500の職場は更に60cmの大雪となっております。

ヘッドライトバルブ交換!ですね。
やはりハロゲンは発光点が正しいので散光にならずスパッとしていますねぇ!
私の中華HIDは明るいのですが発光点がハロゲンと微妙に違う為どうしても上部に光りが漏れてしまいます。
上部に漏れた光の為パッシングされるので光軸は一番下げています。

雪で大変そうですが、そちらでは当たり前なんでしょうね。
わが町では積雪したら大パニックです。

やっぱりハロゲンですよ。カットラインがハッキリしてるのは気持ちがいいですもの。

フォグをHIDにしてみて、ヘッドライトのHID化は問題があると思いました。

やるならプロジェクターですね。
そう考える人が多いのか最近のプロジェクターキットの数が増えてるような気がします。
これも性能の差は出るのでしょうが・・・。

こんばんは
いろいろありましたが
無事取り付け終了して良かったですね
コスト的には安いHIDキットよりは高くなってしまいますし
明るさに関してもHIDにはかないません
でも高効率ハロゲンならではのメリット
・現状のリフレクターにベストマッチ
・雨や雪のときに見易い
・降雪時ライトの雪が融けやすい
<結構これ重要だったりします

ただ、バルブが高出力になっているので
バッテリーへの負担は増えているのでしょうね、、、、

電装系第2弾実施したことがあります
また次の機会に投稿します

DD51殿

情報ありがとうございます。
明るく見え易くなりましたよ。

マイナス面で言えばバルブの寿命も短めかも知れませんね。
まあ予備は2セット持ってるからいいや。

>電装系第2弾実施

と言えばアーシングあたりかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564221/56341929

この記事へのトラックバック一覧です: ヘッドライトチューニング(3):

« ヘッドライトチューニング(2) | トップページ | フォグランプの光軸調節 »

無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

個人様のブログ