« タイヤが限界か | トップページ | タイヤ&ホイール交換 »

2013年9月10日 (火)

ギヤオイル交換

サービスデータによると、トランスファーオイル、デファレンシャルオイルの交換時期は4万キロなんだそうです。やろうやろうと思っている内に、5万キロを突破してしまいました。

やっと重い腰を上げて、まずはオイルの発注。
いろいろウェブ店舗を探すも適当なオイルが見つからず、探し疲れて最初にヒットしたこれに決定 しました。

サービスデータの規定量に従ってデフ用にCastrol MTF 80W90 1L×4缶とトランスファー用にCastrol MTF-S 75W90 1L×1を購入しました。

20130906_132451_0004

どノーマル的には、オイルサクションガンなどを使うのは邪道です。
で、こんなシュポシュポ石油ポンプと蜂蜜容器他を準備しました。結局、蜂蜜容器は使わず、小さなピペットを追加使用しました。

20130907_144258_0005

必要な専用工具はソケットレンチ(またはラチェットレンチ)だけでOKです。
※トランスファーのフィラーボルトにはラチェットレンチの方が良さそうです。

20130908_135017_0002

このレンチのソケットをセットする部分が、9.5mmなら各四角穴付ボルトの穴に合います。
※サイズは何種類かあるので購入する時には注意が必要です。

20130908_135025_0003

リアのデフから開始しました。

20130907_144624_0006

オイルはあまり汚れていないように感じましたが、ドレンボルトの磁石にはこんなに鉄粉が付いていました。

20130907_145541_0007

オイル注入にはカットしたシュポシュポポンプで十分です。

20130907_151622_0010

缶から直接入れましたが、始めからオイルジョッキの方が賢かったかも。
ポンプは1Lを注入するのに、20回もシュポシュポやれば終わります。

20130907_160535_0022

規定量は1.4Lですが、1.3L位で溢れたので、この位にしてやりました。フロントは上のボルトを外しただけで、溢れ出て来ました。規定量は1.7Lですが、1.5L位入れた所で溢れ始めたので、中止しました。抜け切らなかったオイルもあるから大丈夫って事にしました。
自分でやって見ようって方は、自己責任でお願いしますね。

デフ用のオイルは4L購入しましたが、3Lで済みました。残った1缶はどなたか500円でどうでしょ。

さて、次はトランスファーオイルです。
てかトランスファーってどこ?
二駆四駆の切り替えする所だから、ここですよね。多分。

20130908_135558_0007

上にある四角穴付ボルトがフィラーボルトで、下がドレンボルトです。
まず、上を外してから、ドレンボルトを緩めます。慎重に外しましたが、想定外の事態に。

20130908_141741_0009

オイル受け皿の右側でテカッてるのは、こぼれたオイルです。
ギアボックスを見れば分かる通り、オイルは横方向へ出ますから、それを想定して受け皿の端がドレンの下に来るようにセットして勢いよく出ても良い様にしたつもりでしたが、ドレンボルトを開放した瞬間に、二の腕まで飛んで作業着はドロドロになってしまいました。やって見ようって方、開放の瞬間は気を付けてくださいね。

----------------------------
※9/11追記です。
コメントでオイルが飛び出さない為の対処法を教えて頂きました。
ドレンボルトを開放する時には、注入口のボルトは緩く締めておいて、徐々に緩めるんですって、目から鱗でごさいました。

#いろいろ弄ってますが、私、本当のど素人ですからね。間違いが有ったら、どんどんご指摘ください。
-----------------------------

トランスファーのオイル規定量は1.1Lです。残るオイルがあるだろうと、1Lしか買っていません。

20130908_143106_0011

1L全部入れても、注ぎ口からあふれる事はありませんでした。
穴から指を突っ込んで見ると、指先に触れる所まで来ていました。いい事にしよう。
一応、缶やボトルの底に残ったオイルをピペット(10cc位)で吸い取って、一滴も残さず注ぎました。うん、いい事にしよう。

オイル缶の処分の為に、古い缶もまとめて潰して終了です。
エンジンオイルの四角い缶は潰し難いので、一部金切ハサミでカットしたのですが、結構オイルが残ってました。次回からエンジンオイルの交換の度に缶をカットして全部使い切るようにしようと思います。

20130908_153408_0013

20130908_153736_0014

オイル交換をDIYでやるメリットって、値段と労力を考えるとない様な気がします。

しいて言えば、オイルと一緒に愛情という添加剤を注ぐみたいな・・・・・・。
うわっ、くさっ。

愛情を注ぎたい方は、自己責任でお願いします。

« タイヤが限界か | トップページ | タイヤ&ホイール交換 »

ジムニーシエラ整備」カテゴリの記事

コメント

ギヤオイルのドレンの外し方は、まず上のドレンから開けるのはおわかりだと思いますが、工具で緩めたら、指の力で軽くドレンを閉めておきます。
そして下のドレンを全部外します。
そして上のドレンをゆっくり少しづつ緩めて行くとオイルが勢い良く飛び出るのを防ぐ事ができますよ。

ああああ殿

あ~、納得です。
ご教示ありがとうございます。
対処の仕方が分からなかったので、単に『気を付けて下さい』としか書けなかったので、助かりました。本文に追加しておきます。

整備屋さんの常識ですかね。
初めての作業では、いろんな情報を集めてから始めるのですが、こう言うのって意外に書いてないんですよね。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564221/58156010

この記事へのトラックバック一覧です: ギヤオイル交換:

« タイヤが限界か | トップページ | タイヤ&ホイール交換 »

無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

個人様のブログ