« タイヤ&ホイール交換 | トップページ | 魔が差した話 »

2013年10月 9日 (水)

タイヤ径変化による補正値

9月15日のタイヤ交換後、すでに走行は1000Kmを突破しています。

20130928_0018

交換後の最初の燃費は下記となりました。

895.4Km/85.23L=10.51Km/L

タイヤ履き替え前までの平均燃費が11Km/Lです。
今回は長距離走行ですから、単純に受け止めれば燃費は落ちたと言う事になりますが、タイヤ径が変わった事を考慮しなければなりません。

単純にカタログ上のタイヤ径で計算してみましょう。

タイヤ一回転当たりの距離の比を算出しますが、直径に同じπを掛けるだけなので、新旧タイヤの直径の対比となります。

旧タイヤGEOLANDAR H/T-S 205/70R15 ----- 直径673mm
新タイヤGEOLANDAR A/T-S LT215/75R15 --- 直径709mm

709/673=1.053 が補正の係数となります。

旧タイヤの時より一回転当たり1.053倍進む事になります。
つまり、実際(※)の走行距離はトリップメーターの距離より1.053倍長いと言う事です。
 ※あくまで以前の走行距離を正とした時の話です。

この係数で先の燃費を補正すると、燃費10.51×補正係数1.053≒11.07となります。

平均値に近い燃費になりましたが、昨秋のほぼ同じ所に行った時の燃費と比べると、昨年は900Km強走って、11.56Km/Lでした。やや落ちたとも言えるし、誤差の内とも言えそうです。

燃費に関しては、そんなに変わらんけど、ちょっと落ちてるかもね!? くらいの結論にしておきます。

さて、走行距離が変わると言う事は、スピードメーターの表示も変わってきます。一回転当たりの距離が長くなったと言う事は、以前と同じスピード表示で、前より1.053倍スピードが出ている事になります。

つまりメーターが100Kmを示している時、実際には約105Km出ている事になります。
速度超過には注意しましょう。

以前の速度が正しい速度だったとは限らないのですが、スピードを5キロ控え目に走っていれば間違いないですね。

※実は今のスピードメーター表示はGPS(レーダ探知機)のスピードとほぼ一致しています。実の所、今の速度表示の方が以前より実際の速度に近いんではないかと思っています。

« タイヤ&ホイール交換 | トップページ | 魔が差した話 »

シエラ インプレッション」カテゴリの記事

コメント

なるほど~!恐れ入りました。
自分はトラMT195-80-15にしたときには補正が面倒くさくて友人に(普通の)車で走ってもらい、並走して誤差をチェックしてました(汗・・・)。ホント参考になります。

しろちゃん殿

いやいや、並走で誤差チェックとは、こちろこそ恐れ入りました。
机上の計算より、正確でしょう。

ついでに言えば、満タンで走れる距離表示も、約5%下方修正で415Kmって所です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564221/58348141

この記事へのトラックバック一覧です: タイヤ径変化による補正値:

« タイヤ&ホイール交換 | トップページ | 魔が差した話 »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

個人様のブログ