« ヒューズボックス(エンジンルーム) | トップページ | 温度計の交換 »

2017年11月11日 (土)

フォグランプ配線の交換

フォグランプが点灯しなくなったので、ヒューズを確認してみました。

バッテリーから直接電源を取り、直後に単独で25Aのヒューズがあります。
 
201710104
 
ヒューズボックスを開けてビックリ。
ヒューズの上部が解けて変形しております。ボックスの内に溶着している状態でしたが、何とか引き剥がして取り出しました。
 
201710105
 
見ての通り、溶けて変形していますが、ヒューズ自体は切れていません。
コレはどういう事でしょう?
想像ですが、フューズの接触が悪く加熱してしまってプラスチックを溶かし、その溶けたプラがフューズを絶縁状態にしてしまったのではないかと思います。
 
ヒューズホルダーのメス端子を狭めて新しいヒューズを入れました。
 
201710106
 
25Aは手持ちがなかったので、20Aを使用してしばらく点灯して走ってみましたが切れる事もないのでこれでいいのですが、ヒューズホルダー付近の配線が過熱しているような気がします。
 
201710107
 
不安なので、後日ヒューズホルダー周りの配線を交換する事にして当日はそこまでとしました。
 
ホームセンターで適当に選びました。
 
201710108
 
バッ直でヒュージブルリンクからヒューズホルダーに繋ぎます。Wセーフティー?
 
201710109
 
こうなりました。
 
2017101010
 
いざヒューズホルダーにヒューズを差そうとすると・・・。
しまった形状が違う。
交換前が平型で今回のホルダーはミニ平型と言われるサイズのヒューズでした。
 
2017101011
 
これを挿し配線を整理して今回の作業は終了としました。
フォグは点灯しているので問題はなさそうです。
 
※エーモンのロゴが変わったんですね。アモンってなんだ?って思ってしまった。
 

« ヒューズボックス(エンジンルーム) | トップページ | 温度計の交換 »

シエラ パーツ」カテゴリの記事

ジムニーシエラ整備」カテゴリの記事

ヒューズボックス」カテゴリの記事

ランプ類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564221/66028058

この記事へのトラックバック一覧です: フォグランプ配線の交換:

« ヒューズボックス(エンジンルーム) | トップページ | 温度計の交換 »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

個人様のブログ