カテゴリー「シエラ パーツ」の記事

2017年11月19日 (日)

温度計の交換

特に故障とかではないんですが、カー用品店に入って面白い物はないかと物色していた時に目に付いたのが今回の温度計でした。

使用中の温度計の内部照明はボタンを押さないと点かないんです。つまり夜間走行中に温度を見たい時は手探りでボタンを押して内部照明を点灯して見るのですが、このボタンが表示設定を変えるスイッチと隣接している為に、いざ見ようとした時に表示が変わっている事が多々あり非常に使い辛いんです。
 

20140821_152103_0003

今回交換の温度計はこちら
 
2017101701

少しサイズが大きい為に同じ所に取付出来ませんでした。 本体に温度計が付いているので、直射日光やエアコンの影響は避ける必要があります。あれこれ取付位置を考えた末、灰皿そのものに貼り付けることにしました。灰皿は小物入れとして使っていますが、温度計があっても抜き差しは出来るのでこのまま使用可です。

電源は追加したシガーソケットから取ります。

室外温度の配線はマットの下を通して助手席の外側へ。

2017101702

2017101703
2017101704

テープで仮止めしていますが、その内目立たないテープで覆うつもりだったのですが、1ヵ月たった今もこのままです。助手席側なんで自分が目にする事が無いので忘れていました。

温度は正常に表示されているようです。
非常に見易くなりました。

2017101705

商品説明の引用
-----------------------
時刻と車外温度・車内温度・電圧などを表示させることができる電波時計です。
バッテリーの異常、路面凍結をお知らせする警告ランプ付きです。

見やすい白色文字とスタイリッシュな青色文字の切替選択が可能です。
電波時計は標準時刻電波を受信することにより、日本標準時刻・カレンダー情報を自動補正して表示します。
月日・時・分・秒・電波受信状況を同時に表示します。
DCプラグ電源なので、エンジンON時、常時バックライトが点灯します。
専用ステーによる両面テープ貼り付けで様々な場所に取り付けができ角度の調整も可能です。
電源プラグにUSBポートを内蔵し、USB充電対応機器を同時に充電ができます。(5V/約1A)
-----------------------

2017年11月11日 (土)

フォグランプ配線の交換

フォグランプが点灯しなくなったので、ヒューズを確認してみました。

バッテリーから直接電源を取り、直後に単独で25Aのヒューズがあります。
 
201710104
 
ヒューズボックスを開けてビックリ。
ヒューズの上部が解けて変形しております。ボックスの内に溶着している状態でしたが、何とか引き剥がして取り出しました。
 
201710105
 
見ての通り、溶けて変形していますが、ヒューズ自体は切れていません。
コレはどういう事でしょう?
想像ですが、フューズの接触が悪く加熱してしまってプラスチックを溶かし、その溶けたプラがフューズを絶縁状態にしてしまったのではないかと思います。
 
ヒューズホルダーのメス端子を狭めて新しいヒューズを入れました。
 
201710106
 
25Aは手持ちがなかったので、20Aを使用してしばらく点灯して走ってみましたが切れる事もないのでこれでいいのですが、ヒューズホルダー付近の配線が過熱しているような気がします。
 
201710107
 
不安なので、後日ヒューズホルダー周りの配線を交換する事にして当日はそこまでとしました。
 
ホームセンターで適当に選びました。
 
201710108
 
バッ直でヒュージブルリンクからヒューズホルダーに繋ぎます。Wセーフティー?
 
201710109
 
こうなりました。
 
2017101010
 
いざヒューズホルダーにヒューズを差そうとすると・・・。
しまった形状が違う。
交換前が平型で今回のホルダーはミニ平型と言われるサイズのヒューズでした。
 
2017101011
 
これを挿し配線を整理して今回の作業は終了としました。
フォグは点灯しているので問題はなさそうです。
 
※エーモンのロゴが変わったんですね。アモンってなんだ?って思ってしまった。
 

2017年10月28日 (土)

ヒューズボックス(エンジンルーム)

フォグランプが点灯しなくなっていたので、まず最初に調べるべきはヒューズだなと思い、フォグのヒューズ位置を調べようと過去記事のテーマ『ヒューズ』を見ると室内のヒューズボックスしか載ってやしない。書き忘れたのか、どこかに埋もれたのかわかりませんが、見付からないので今更ですが新しく書きました。

 
バッテリ横のコイツです。
 
201710101
 

WEB上で情報を漁っていて辿り着いた所の記述に、このボックスの蓋が開けにくいと有りましたので実物を確認したら、別にたいそうな仕掛けがある訳ではなく爪で引っ掛かっているだけでした。

 
この爪を押して、上に引くだけで簡単に外れます。
 
201710102
 
ほらこの通り。
 
201710103
 
ボックス内の配置(新車時の画像)
ヒューズプラーはヒューズを抜く道具。
ペンチより格段に使い易いです。
 
201105191
201105192
 
スペアが15A(青)、20A(黄)、30A(赤)と1ヶずつありました。
20Aは見えていませんがプラーの下辺りにあります。これだけあれば不意のヒューズ切れでも安心です。
 
フォグのヒューズもここありますが、今回の故障には関係が有りませんでした。
エンジンルームを開けた時に思い出していたのですが、今のフォグのヒューズは後付けでした。
 
201710104
 
黄色の丸印が今のフォグのヒューズ。こちら参照
 

という事で、修理は単純にヒューズ交換で済まなかったので次回の記事にて。

2017年1月 7日 (土)

バッテリーの交換

バッテリーはまだ一度も替えていません。

納車が2010年の10月だから6年以上使っています。
最近ややセルの勢いが落ちたような気がするので交換する事にしました。人里離れた所を走る事が多いのでまだ使えると思っても、交換したほうが安全でしょう。
 
 
さて、バッテリーの選定です。
純正は55B24Rでした。amazonで検索してみると6,000円以上でいろいろあります。
パナソニックかユアサのどちらかで検討する事にしました。最終的に少し高くつきますが保障期間が2年のユアサに対し3年のパナのこれに決めました。下の左側を注文して交換後に記事を書く為にアマゾンの商品ページを探していると、注文した時にはなかった右側の新製品が出ていました。しかも少し安い。で、手元に届いた商品を確認すると右の新製品でした。
 
新製品で良かったのか、値段で損したのか良く分らない複雑な心境でした。
 
 
 
この製品は80B24Rとなります。記号の見方は80が容量を示し、B24がバッテリーのサイズを示し、Rが端子の位置を示しているんだそうです。よって純正より2~3ランク上の製品となるようです。
 
では、実際の交換作業です。
 
キーはoffとし室内灯もoffにして作業を開始します。
 
実物の旧バッテリーです。粉を噴いているので交換するのが適切でしょう。
 
2017010311
 
安心の日本製です。
良くみると一番下にN80B24R/C6とあり新製品と分かりました。
 
2017010312
 
適合範囲に55B24Rが入っています。
 
2017010313
 
無料で回収もしてくれるようです。
 
2017010314
 
以前、電装品の取付作業用にメモリバックアップ用の商品を買っていました。その時はバッテリー端子を外さずに作業したので使用していませんが、今回はメモリー保護の為に使います。
 
2017010315
 
取り外して並べました。右が純正。
 
2017010316
 
バッテリーを所定の位置に置いて、取っ手を外そうとしましたが外れやしない。(外した後の写真)
 
2017010317
 
ちょっとした要領がいるようです。ストッパーを内側に折り曲げるように押えると簡単に取り外しが出来ました。下の写真の様に押さえるとうまくいく。
 
2017010318
 
ぐらつかない程度までナットを締めて固定します。絞め過ぎは禁物です。
ショートを防ぐ為に白いウェスをケーブル側端子に巻いています。
 
2017010319
 
端子を接続して終了です。
 
2017010320
 
勢い良く回るセルの音に安心感を覚えます。これで5年は大丈夫でしょう。

2017年1月 2日 (月)

テールランプの交換

2016年の6月にテールランプの交換を行っております。

 
テールランプの不具合は中々気付かないもの、親切な方が教えてくれました。
直ぐ近くにホームセンターがあったので、整備手帳で電球の種類を確認して買いに行きました。
右上の『制動灯/尾灯』です。
 
2b『21/5W』と確認して買ってきたのがコレ。
 
201606217
 
右テールランプを分解します。
 
201606211
 
取付ねじはテールゲートを明けた所にあります。
 
201606212
 
201606213
201606214
 
外して見ると・・・・・電球が違いますやん。
 
201606215
 
組み付けて買い直しに行きました。コレが正解です。↓↓
 
201606216
 
私みたいなミスをしない様に気をつけましょう。
 
電球を差し替えてテストします。
201606218
 
組む前に点灯チェックをした方が見易いと思います。
点灯を確認したら組み付けて終了でございます。
 
ボックスレンチ等の工具は必要ですが簡単な作業ですので、やる気さえあれば誰でも短時間で出来ると思います。

2015年3月20日 (金)

ブレーキパッドその後

2週間経過しました。

ブレーキの効きは大満足です。
が。
こりゃまた、凄まじい。
20150320_135325_0002
ブレーキダストですよね。
20150320_135335_0003
後輪は汚れていないので、ブレーキのせいで間違いないでしょう。
たまに拭いた方が良さそうです。

2015年3月17日 (火)

ブレーキパッドの交換

さて、箱の中身は?
 
2015030401
 
実はブレーキパッドとブレーキシューだったんです。
 
ジムニーのブレーキは効きもタッチも悪いのは、オーナーの皆さん感じている事だと思います。その上、私の車は走り出してしばらくは鳴きが出て、しばらく走ると止むと言う状態でした。
対策に鳴き止め剤を使っていましたが、効果があるのは僅かな期間で何度も塗布するのも面倒だし、汚れが目立つのも気分の悪いものでした。(この鳴き止め剤はこげ茶色です)
 
 
その内、鳴かなくなっていましたが、ブレーキの効きが悪くなっている様な気がします。
 
考えてみると、7万キロを超えているのに一度もブレーキシューの交換をしていないので、磨耗して効きが悪くなっているに違いないと、前後輪の交換を決意して購入しました。
 
今回は時間がないので、前輪のブレーキパッドの交換だけ行いました。
 
 
2015030702
 
赤というより、くすんだ朱色ですね。
 
以降、交換作業の詳細は検索して分かり易いページを見てくださいね。
ここでは激しく省略して流れだけ書いておきます。
 
2015030703
 
鳴きに効果があると言うので、軽く面取りをしておきます。
 
ロックピンを1本抜いてシリンダボディを跳ね上げます。
下の状態でもうブレーキパッドは素手で取り外し可能です。
 
201503074
 
外して、新品と比較してみました。
 
201503075
 
思ったほど減っていません。
相当経済的なパッドを使っているようです。
 
パッドに刻まれたの溝の深さが違うのでわかり辛いので拡大してみましょう。
 
2015030705a
 
パッド自体の厚みは1/2位になっています。
溝は交換時期を示すマークでもある様なので、アピオ製は半分使ったら交換せよという事でしょうか。こちらはエラク不経済です。
 
さて、このパッド、何Km位持つのでしょうね?
 
201503076
 
バッドを組み込みました。
シムは外側に一枚だけでした。
 
一応、ブレーキシムグリスを塗布して組み付けました。
(手が汚れた状態なので写真なしです)
シリンダーボディを下ろす前に、ブレーキオイルを少し抜き取っておきます。
 
201503077
 
シリンダを押し込みます。
多くのページで紹介されているように、水道用の工具を使います。
(DIY好きなので、家にはそんな工具も有ったりします)
 
201503078
 
押し込んだ状態です。
実際の作業はウェスを挟んで傷付けないように行いました。
 
両輪の作業を終えると、MINまで抜いたブレーキオイルがMAXまで上がっていました。
 
201503079
 
シリンダボディを下ろしてロックピンを止めれば作業終了です。
 
2015030710
 
パッドの交換自体は難易度低いです。
タイヤの取り外しに多少体力を使い、エアー工具は持っていないので時間もこちらの方が掛かっています。
 
使った工具類です。
 
2015030712
 
右半分がタイヤ外しの工具で、左がブレーキパッド用。
パッド交換に使ったに物だけだと、これだけで済みます。
 
2015030713
 
ブレーキシムグリースだけは購入しました。
うちの近所のホームセンターのカー用品コーナーには置いてありました。
使うのはほんの少しですから、ひとつあれば死ぬまで持ちますね。
 
 
って事で、ブレーキパッドの交換終了です。
 
2015030711
 
おっと、インプレッションを忘れていました。
 
タッチは相変わらずですが、シットリと強く効いてくれますし鳴きもありません。
コントロールも楽に出来ます。ただし止まる直前のスピードが落ちた状態の時、『クッ』と止まる感じがあります。ペダルの押え方でコントロールしようとしましたが、微妙過ぎて私には無理でした。
 
まあ、不快ではありませんのでよしとします。
 
でも、ブレーキパッドの値段の差って激しいですよね。
効きは大満足ですが、値段はちょっと・・・ねぇ。自分でやらないと大変ですわ。
 
リアはシッカリ勉強してからやりましょうかね。
 

2015年3月 6日 (金)

注文の・・・

某ショップより怪しい箱が届きました。

時間が取れる時に開けますが、いつになるやら・・・。

201503041

しかし、手元にあると弄りたくなってしまいます。

2015年2月28日 (土)

純正コイル用ショックアブソーバー

めっちゃ気に成るんですけど。

余裕があればね~。

どなたか如何でしょう。

2014年4月13日 (日)

リアハブ-錆隠し塗装(その2)

4/5、当地では桜が散り始めていました。

20140405sakura

やっと残っていた片輪の塗装に手をつけました。
すでに終えている塗装から学んだ事を実行します。

今回の塗装には特に必要ありませんでしたが、ジャッキスタンドを購入していたので使ってみました。波状の凹凸にピンを噛ます構造で、なんとなく怖さを感じますが、不安定と言う事もなく作業出来ました。

002

使った道具です。

009

塗装しやすい様にブレーキドラムを外しました。

003

電動でやるとあっと言う間に錆落とし完了。

004

下塗りにこんな物を使ってみました。
ホルツのサビを取らずにサビを止める サビ転換スプレーだそうです。
ベタッと厚塗りな感じで黒く仕上がります。

005

上塗りする場合は6時間以上、乾燥させてくださいと書いていますが、そんな時間は無いので30分の乾燥で上塗りしました。

008
何の問題なく塗装できました。
上塗スプレーだけで済ませた前回の塗装に比べ、薄い塗装で済みました。
010

うまく出来たんではないでしょうか。
見栄えもいいし防錆も十分だと思います。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

個人様のブログ