カテゴリー「シエラ パーツ」の記事

2017年1月 7日 (土)

バッテリーの交換

バッテリーはまだ一度も替えていません。

納車が2010年の10月だから6年以上使っています。
最近ややセルの勢いが落ちたような気がするので交換する事にしました。人里離れた所を走る事が多いのでまだ使えると思っても、交換したほうが安全でしょう。
 
 
さて、バッテリーの選定です。
純正は55B24Rでした。amazonで検索してみると6,000円以上でいろいろあります。
パナソニックかユアサのどちらかで検討する事にしました。最終的に少し高くつきますが保障期間が2年のユアサに対し3年のパナのこれに決めました。下の左側を注文して交換後に記事を書く為にアマゾンの商品ページを探していると、注文した時にはなかった右側の新製品が出ていました。しかも少し安い。で、手元に届いた商品を確認すると右の新製品でした。
 
新製品で良かったのか、値段で損したのか良く分らない複雑な心境でした。
 
 
 
この製品は80B24Rとなります。記号の見方は80が容量を示し、B24がバッテリーのサイズを示し、Rが端子の位置を示しているんだそうです。よって純正より2~3ランク上の製品となるようです。
 
では、実際の交換作業です。
 
キーはoffとし室内灯もoffにして作業を開始します。
 
実物の旧バッテリーです。粉を噴いているので交換するのが適切でしょう。
 
2017010311
 
安心の日本製です。
良くみると一番下にN80B24R/C6とあり新製品と分かりました。
 
2017010312
 
適合範囲に55B24Rが入っています。
 
2017010313
 
無料で回収もしてくれるようです。
 
2017010314
 
以前、電装品の取付作業用にメモリバックアップ用の商品を買っていました。その時はバッテリー端子を外さずに作業したので使用していませんが、今回はメモリー保護の為に使います。
 
2017010315
 
取り外して並べました。右が純正。
 
2017010316
 
バッテリーを所定の位置に置いて、取っ手を外そうとしましたが外れやしない。(外した後の写真)
 
2017010317
 
ちょっとした要領がいるようです。ストッパーを内側に折り曲げるように押えると簡単に取り外しが出来ました。下の写真の様に押さえるとうまくいく。
 
2017010318
 
ぐらつかない程度までナットを締めて固定します。絞め過ぎは禁物です。
ショートを防ぐ為に白いウェスをケーブル側端子に巻いています。
 
2017010319
 
端子を接続して終了です。
 
2017010320
 
勢い良く回るセルの音に安心感を覚えます。これで5年は大丈夫でしょう。

2017年1月 2日 (月)

テールランプの交換

2016年の6月にテールランプの交換を行っております。

 
テールランプの不具合は中々気付かないもの、親切な方が教えてくれました。
直ぐ近くにホームセンターがあったので、整備手帳で電球の種類を確認して買いに行きました。
右上の『制動灯/尾灯』です。
 
2b『21/5W』と確認して買ってきたのがコレ。
 
201606217
 
右テールランプを分解します。
 
201606211
 
取付ねじはテールゲートを明けた所にあります。
 
201606212
 
201606213
201606214
 
外して見ると・・・・・電球が違いますやん。
 
201606215
 
組み付けて買い直しに行きました。コレが正解です。↓↓
 
201606216
 
私みたいなミスをしない様に気をつけましょう。
 
電球を差し替えてテストします。
201606218
 
組む前に点灯チェックをした方が見易いと思います。
点灯を確認したら組み付けて終了でございます。
 
ボックスレンチ等の工具は必要ですが簡単な作業ですので、やる気さえあれば誰でも短時間で出来ると思います。

2015年3月20日 (金)

ブレーキパッドその後

2週間経過しました。

ブレーキの効きは大満足です。
が。
こりゃまた、凄まじい。
20150320_135325_0002
ブレーキダストですよね。
20150320_135335_0003
後輪は汚れていないので、ブレーキのせいで間違いないでしょう。
たまに拭いた方が良さそうです。

2015年3月17日 (火)

ブレーキパッドの交換

さて、箱の中身は?
 
2015030401
 
実はブレーキパッドとブレーキシューだったんです。
 
ジムニーのブレーキは効きもタッチも悪いのは、オーナーの皆さん感じている事だと思います。その上、私の車は走り出してしばらくは鳴きが出て、しばらく走ると止むと言う状態でした。
対策に鳴き止め剤を使っていましたが、効果があるのは僅かな期間で何度も塗布するのも面倒だし、汚れが目立つのも気分の悪いものでした。(この鳴き止め剤はこげ茶色です)
 
 
その内、鳴かなくなっていましたが、ブレーキの効きが悪くなっている様な気がします。
 
考えてみると、7万キロを超えているのに一度もブレーキシューの交換をしていないので、磨耗して効きが悪くなっているに違いないと、前後輪の交換を決意して購入しました。
 
今回は時間がないので、前輪のブレーキパッドの交換だけ行いました。
 
 
2015030702
 
赤というより、くすんだ朱色ですね。
 
以降、交換作業の詳細は検索して分かり易いページを見てくださいね。
ここでは激しく省略して流れだけ書いておきます。
 
2015030703
 
鳴きに効果があると言うので、軽く面取りをしておきます。
 
ロックピンを1本抜いてシリンダボディを跳ね上げます。
下の状態でもうブレーキパッドは素手で取り外し可能です。
 
201503074
 
外して、新品と比較してみました。
 
201503075
 
思ったほど減っていません。
相当経済的なパッドを使っているようです。
 
パッドに刻まれたの溝の深さが違うのでわかり辛いので拡大してみましょう。
 
2015030705a
 
パッド自体の厚みは1/2位になっています。
溝は交換時期を示すマークでもある様なので、アピオ製は半分使ったら交換せよという事でしょうか。こちらはエラク不経済です。
 
さて、このパッド、何Km位持つのでしょうね?
 
201503076
 
バッドを組み込みました。
シムは外側に一枚だけでした。
 
一応、ブレーキシムグリスを塗布して組み付けました。
(手が汚れた状態なので写真なしです)
シリンダーボディを下ろす前に、ブレーキオイルを少し抜き取っておきます。
 
201503077
 
シリンダを押し込みます。
多くのページで紹介されているように、水道用の工具を使います。
(DIY好きなので、家にはそんな工具も有ったりします)
 
201503078
 
押し込んだ状態です。
実際の作業はウェスを挟んで傷付けないように行いました。
 
両輪の作業を終えると、MINまで抜いたブレーキオイルがMAXまで上がっていました。
 
201503079
 
シリンダボディを下ろしてロックピンを止めれば作業終了です。
 
2015030710
 
パッドの交換自体は難易度低いです。
タイヤの取り外しに多少体力を使い、エアー工具は持っていないので時間もこちらの方が掛かっています。
 
使った工具類です。
 
2015030712
 
右半分がタイヤ外しの工具で、左がブレーキパッド用。
パッド交換に使ったに物だけだと、これだけで済みます。
 
2015030713
 
ブレーキシムグリースだけは購入しました。
うちの近所のホームセンターのカー用品コーナーには置いてありました。
使うのはほんの少しですから、ひとつあれば死ぬまで持ちますね。
 
 
って事で、ブレーキパッドの交換終了です。
 
2015030711
 
おっと、インプレッションを忘れていました。
 
タッチは相変わらずですが、シットリと強く効いてくれますし鳴きもありません。
コントロールも楽に出来ます。ただし止まる直前のスピードが落ちた状態の時、『クッ』と止まる感じがあります。ペダルの押え方でコントロールしようとしましたが、微妙過ぎて私には無理でした。
 
まあ、不快ではありませんのでよしとします。
 
でも、ブレーキパッドの値段の差って激しいですよね。
効きは大満足ですが、値段はちょっと・・・ねぇ。自分でやらないと大変ですわ。
 
リアはシッカリ勉強してからやりましょうかね。
 

2015年3月 6日 (金)

注文の・・・

某ショップより怪しい箱が届きました。

時間が取れる時に開けますが、いつになるやら・・・。

201503041

しかし、手元にあると弄りたくなってしまいます。

2015年2月28日 (土)

純正コイル用ショックアブソーバー

めっちゃ気に成るんですけど。

余裕があればね~。

どなたか如何でしょう。

2014年4月13日 (日)

リアハブ-錆隠し塗装(その2)

4/5、当地では桜が散り始めていました。

20140405sakura

やっと残っていた片輪の塗装に手をつけました。
すでに終えている塗装から学んだ事を実行します。

今回の塗装には特に必要ありませんでしたが、ジャッキスタンドを購入していたので使ってみました。波状の凹凸にピンを噛ます構造で、なんとなく怖さを感じますが、不安定と言う事もなく作業出来ました。

002

使った道具です。

009

塗装しやすい様にブレーキドラムを外しました。

003

電動でやるとあっと言う間に錆落とし完了。

004

下塗りにこんな物を使ってみました。
ホルツのサビを取らずにサビを止める サビ転換スプレーだそうです。
ベタッと厚塗りな感じで黒く仕上がります。

005

上塗りする場合は6時間以上、乾燥させてくださいと書いていますが、そんな時間は無いので30分の乾燥で上塗りしました。

008
何の問題なく塗装できました。
上塗スプレーだけで済ませた前回の塗装に比べ、薄い塗装で済みました。
010

うまく出来たんではないでしょうか。
見栄えもいいし防錆も十分だと思います。

2013年12月16日 (月)

ワイパーゴムの交換


もう1か月前には、替えゴムは購入済みでしたが、雨があまり降らなかった事もあり、緊急を要さなかったので今になってしまいました。

前回の交換は今年(2013)の2月でした。その前の交換となると、2011年の10月なので、前回の替えゴムの耐久性がイマイチだったのかも知れません。

20131214_145127_0001

ついでに油膜除去もやりました。

今回は撥水加工なしにしました。
前回はガラコを塗りましたが、まったく良さが分からなかったので、親水でしばらく使ってみるつもりです。

先日から親水のウインドウォシャーを使っています。

2013年10月12日 (土)

アシストグリップ追加

ジムニーの定番ネタですね。

車を買った時から、取り付けるつもりでいたのですが、長い期間Dに行っていなかったので、購入するチャンスが無かったのです。今回の車検の時に注文しました。

20130925_102927_0002

(76400-70820-6GS)左右共用で取付ボルト付です。
確か735円だったと思います。
オクでエラク高い設定金額の同製品を見掛けました。気を付けてくださいね。

現物を初めて見た時、色が違っていると思いました。今、付いているものはベージュ系でこれはグレー系に見えたのです。袋出して比べると同色でした。袋に多少色が着いているんだと思います。

20130926_160714_0004

内貼り剥がしとプラスのドライバーがあれば、楽に取り付け可能です。

20130926_160928_0007

運転席の取付部には、ねじも切ってあります。

20130926_160822_0006

穴塞ぎのクリップを外して付けるだけです。

20130926_161405_0009

このグリップ使用の主目的は、右手の休憩用です。
長距離運転で凝った右手を上の方に上げて休ませると楽なんです。
今までは天井を押さえたり、ヘッドレストに巻きつけたりしていましたが、やっと安らげる止まり木が出来ました。

2013年9月27日 (金)

タイヤ&ホイール交換

車検が1ヶ月後に迫った8月下旬の事でした。

今のタイヤでは車検に通りそうもない、ならばホイールも同時に替えてしまおうか、それともタイヤだけ替えて安く済まそうかと、悩んでいました。

本音は、純正ホイールの見栄えに飽きていたので替えたいのですが、金銭的に厳しいのと、シエラに合うホイールには選ぶだけの種類がないので、それほど好みでもないホイールで我慢するのかで迷っていたのです。

第一条件は車検に通る事、そこそこ安い事、出来れば好みのデザインのホイールに控え目なホワイトレターの某タイヤが希望でした。

ある日、私好みのホイールをヤフオクで見つけてしまいました。
落札出来れば、好み通りのセットに交換、ダメなら純正サイズのタイヤのみ交換と決めてオークション終了日を待ちます。

落札できました。

完璧な梱包で届いたホイールです。

20130906_130147_0001

多分展示品の中古ホイールです。
目立った傷もなく満足な商品でした。

20130906_130451_0002

キャステック レボルバーR5

15インチ/6J オフセット±0  5穴 PCD139.7

送料を含むと4本で4万円ほど掛かりました。

まさにジムニーシエラ用に作られたホイールです。
タニグチのレボルバーT55と同デザインなので、タニグチブランドも製造元がキャステックではないかと思われます。(違ってたらごめんなさい)

次はタイヤですが、このホイールに決まった時点で、タイヤも決定しています。
ホイールを積んで近所のタイヤショップに走り、見積もって頂くと信じられない高値を電卓は表示しています。

『高いわっ!!』と思わず怒鳴って、席を立ちました。
店主はこれから値引く気でいた様ですが、完全に頭に血が上ってお話を聞く気になれませんでした。

PCの前に座って、安値のショップをチェックします。

『えっ?』この値段で送料無料って本当?
安過ぎて心配になりました。こちらのショップ『タイヤ1番』ですが、評判を見ると問題はなさそうです。

このショップでこのタイヤを購入することにしました。
ヨコハマ ジオランダー A/T-S 215/75R15 100/97S

※今現在(2013/9/26)は楽天の優勝セール中の模様です。9/30日までとか。

注文前にタイヤ持込みOKで、尚且つ、タイヤの直送もOKの所を探さなくてはなりません。タイヤ一番の取付協力店が近くに2店舗ありましたので、メールしてレスポンスが良かった方の店をタイヤの送り先に指定しました。(結局、レスの遅かったショップの方が安かったんですが・・・)

四駆が専門のこちらの店でタイヤ交換しました。
※ブログ掲載の許可はもらっていないので、店名は消しました。

20130915_141310_0011a

持ち込んだホイールに新しいタイヤを組んで貰って、古いタイヤの内、良さそうな1本をスペアとして残すのですが、古いタイヤにはパンク修理したものが2本含まれているので、それは廃棄処分とし残った3本からスペアを選ぶ訳です。分かりにくい説明でスタッフさんは直ぐには理解してもらえませんでした。

暇なので時々、作業を見に行きます。

20130915_150733_0012

で、完了です。
ナットはトルクレンチで締めて、試走後にもう一度締め直すと言う念の入れようにプロ意識を感じました。

20130915_165743_0013

新旧の違いです。まず前輪。 (※9/30前後輪が逆になっていたので修正しました)

20130915_125202_000720130916_103546_0016

後輪です。

20130915_125220_0008 20130916_103617_0017

約30mmのUPとなりました。
タイヤ径の差は36mmなので、18mmUPの筈ですが、山の高さや空気圧などの差で違いが出ているんだと思います。

一番狭くなった部分です。

20130916_105102_0018

店の方の話では、ハンドルを切りながらコブを越える時にフェンダーとの干渉があるかも知れないので、注意して欲しいとの事でした。交換後、ラフロードを結構走りましたが、今の所接触はありません。

※オフセット-5のホイールの場合、上記の条件の時、干渉があるとの事です。また、±0であってもシエラの8型ではバンパーの何処かに接触するとの情報を頂いております。7型のバンパーに替えれば当たらないそうです。(8型が2013/9の現行型です)

20130923_64002_0041

このタイヤのはっきり解かる欠点を述べておきますと、未舗装路を走るとタイヤの溝に砂利が挟まります。これが思いのほか多くてビックリしました。(久しぶりのATタイヤで、これを忘れていました。)
舗装路を走ると『かちゃかちゃかちゃかちゃ・・・・・』、その時は10個位外しました。放っておくと、走行中に勝手に外れますが、『かぁーーーんっ!』と当たり所によってはびっくりする位の音を出します。外した方が精神衛生上にも良いと思います。

タイヤノイズは大きくなったと感じませんでした。不快感は特にありません。
継ぎ目を超える時のショックは大きくなっていると感じましたが、空気圧の差の様な気がします。

このセットをスゴク気にいっています。
いい買い物が出来たのではないでしょうか。

又の機会に、タイヤ径変更による変化などについて書いて見たいと思います。

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

個人様のブログ