カテゴリー「ジムニーシエラ整備」の記事

2018年7月 4日 (水)

ショックアブソーバーの交換

今年はじめ頃の事だったと思います。

以前から後部サス周辺からギシギシと音がするのが気になったので、ショックアブソーバーが原因と見当をつけて交換する事にしました。小さな振動を拾うようになったという事もあったので異音が直らなくとも、ヘタリの改善にはなるでしょう。13万キロ走っているので交換時期としても悪くないのではないでしょうか。
 
欲しいものリストにはアピオ製を入れていたのですが、予算の都合でモンスタースポーツこちらを購入しました。
 

 
2018011301
 
早速、後輪から交換作業に入りました。
 
非常に狭いですが何とか手持ちのレンチを使う事が可能です。
 
2018011302
 
上の写真ではボルトは緩んでいますが、狭さの為、力が入らないので簡単には緩まず補助具を使ってやっと緩める事が出来ました。
 
倉庫に眠っていた角管をグラインダーでカットしました。
 
2018011303
 
レンチサイズは17mmです。
 
2018011304
 
このパイプをメガネレンチに差し込んで緩める事が出来ました。
 
2018011305
 
新旧のストロークはほぼ同じですが、容量(太さ)が違います。外したショックアブソーバーはヘタっている様には感じませんでしたが、味付けがまったく違っていました。純正は伸びる側の力がかなり強く感じます。それが変わった事でどんな効果があるのかは知りません。
 
2018011306
 
ラバー部はかなりぼろぼろに劣化しています。
 
2018011307
 
後部の交換が終わりました。
 
2018051006
 
その後、前輪側の取り外しに移りましたが、取付ボルトが緩まず一旦中断しました。これが厳寒期の1月の事であまりに寒かったので、前輪は少し暖かくなってから作業する事にしました。
 
後側のみの交換後の感想ですが、例のギシギシ音は改善されました。リアの突き上げがソフトになった印象です。
-----------------------
4ヵ月後、5月になって時間が取れそうなので前側の作業を再開しました。
前回はタイヤを外さずに作業を行いましたが今度はタイヤを外し工具もストレートのメガネレンチを追加しました。ナット側にソケットレンチを掛けて固定し、ボルト側をメガネレンチと例の延長パイプで回そうとしますがまったく緩みそうな気配がありません。最後の手段を使う事にしました。
 
2018051001
 
下の写真が使った工具類です。
長いメガネレンチ+延長パイプで緩める事が出来ずゴムハンマーを使いました。衝撃は意外に有効で簡単に緩みました。
 
2018051007
 
上側はダブルナットになっています。
 
2018051002
 
Wナットの下側は薄いスパナが必要です。(手持ち工具を探して見つけたのは、多分、古いバイクの付属工具)
上はメガネレンチを使いました。556的なヤツは必須でしょう。
 
2018051003
 
前部の交換も完了しました。
純正ショックアブソーバーは少々動きがスムーズでは無くなっていました。
2018051005
交換後の印象は全体的に角が取れた感じ。細かい振動や突き上げの尖がった部分が丸くなった様に感じます。
新型ジムニーが発表されましたが、買い替えはまったく考えていません。
地道に手を加えながら乗って行くつもりです。

2017年12月22日 (金)

ブレーキパッドの交換 二回目

二回目のブレーキパッドの交換を行いました。
前回の交換が2015年の3月で走行距離が78,800Km。前回の日記へ

今回は2017年11月で125,000Km位ですから、2年8ヶ月46,000Kmで限界となり交換する事にしました。今回はモンスタースポーツのtype-eを用意しました。
 
2017110901
 
アピオ製から変更した理由はただひとつ。ダストが凄いんだから。
 
2017110904
 
マメに洗車する人ではないので、いつも汚れている状態でした。
適当なものを探していたら、ストリート向けがあり『「鳴き」「ブレーキダスト」を減らすと共に、価格を抑えました』なんて書いていたので飛びついてしまいました。
 
現物はこれです。
 
2017110902
 
車DIYのブログなどを見ると作業時間を書いていますが、私の経験上考えられないような短い時間を書かれている事が多々あります。パッド交換に関しても30分以内なんてまず無理と思いますがどうでしょう。
 
で、測ってみましょう。
 
2017110903
 
作業着に着替えて箱から出していない状態でスタートしました。もちろん車は通常通り駐車場にあります。14:25スタートです。
 
まず倉庫からジャッキ・馬・工具を出して、ジャッキアップしてホイールの取り外しを片側行って、パッドの取り外した所で新旧の比較。溝が半分消えていますから交換時期としてはちょうど良かったんじゃないでしょうか。
 
2017110905
 
厚みの比較。
 
2017110906
 
片側の組込み前に、ブレーキオイルを抜きました。すでに1時間近く経過しています。
 
2017110907
 
片側の組込みが終わった所で1時間ちょっとです。

2017110908
 
両側が終了しました。

2017110909
ブレーキオイルのチェックをして

2017110910
タイヤを取付けた所で2時間経過。

2017110911
タイヤ・ホイールは取付ける前に洗浄しています。

ゆっくりと町内を一周してブレーキに利き具合をチェックしてすべて終了しました。

2017110912
もちろん工具類も清掃して仕舞っています。
すべて終わるのに2時間09分でした。素人のDIYなら最初から最後までやればこの位は掛かると思います。

ジャッキアップして両輪のホイールを外した状態からパッドの交換だけを行えば30分以内で終わるでしょうが、それでは本当の作業時間とは言えないでしょう。

準備から作業後の清掃まで含めて時間を出さなきゃ意味がないと思いました。

で、パッドの感想ですが、
ブレーキの利きはアピオ製よりやや劣ると思います。しかしナキも無く、しっとりとした感触で止まる時もカックンとした動きも無くスムースに止まります。取付けてから1ヵ月以上たちますが、ダストの汚れも気になりません。コレ、いいと思います。次があれば私は又これを使うと思います。

2017年11月11日 (土)

フォグランプ配線の交換

フォグランプが点灯しなくなったので、ヒューズを確認してみました。

バッテリーから直接電源を取り、直後に単独で25Aのヒューズがあります。
 
201710104
 
ヒューズボックスを開けてビックリ。
ヒューズの上部が解けて変形しております。ボックスの内に溶着している状態でしたが、何とか引き剥がして取り出しました。
 
201710105
 
見ての通り、溶けて変形していますが、ヒューズ自体は切れていません。
コレはどういう事でしょう?
想像ですが、フューズの接触が悪く加熱してしまってプラスチックを溶かし、その溶けたプラがフューズを絶縁状態にしてしまったのではないかと思います。
 
ヒューズホルダーのメス端子を狭めて新しいヒューズを入れました。
 
201710106
 
25Aは手持ちがなかったので、20Aを使用してしばらく点灯して走ってみましたが切れる事もないのでこれでいいのですが、ヒューズホルダー付近の配線が過熱しているような気がします。
 
201710107
 
不安なので、後日ヒューズホルダー周りの配線を交換する事にして当日はそこまでとしました。
 
ホームセンターで適当に選びました。
 
201710108
 
バッ直でヒュージブルリンクからヒューズホルダーに繋ぎます。Wセーフティー?
 
201710109
 
こうなりました。
 
2017101010
 
いざヒューズホルダーにヒューズを差そうとすると・・・。
しまった形状が違う。
交換前が平型で今回のホルダーはミニ平型と言われるサイズのヒューズでした。
 
2017101011
 
これを挿し配線を整理して今回の作業は終了としました。
フォグは点灯しているので問題はなさそうです。
 
※エーモンのロゴが変わったんですね。アモンってなんだ?って思ってしまった。
 

2017年1月 7日 (土)

バッテリーの交換

バッテリーはまだ一度も替えていません。

納車が2010年の10月だから6年以上使っています。
最近ややセルの勢いが落ちたような気がするので交換する事にしました。人里離れた所を走る事が多いのでまだ使えると思っても、交換したほうが安全でしょう。
 
 
さて、バッテリーの選定です。
純正は55B24Rでした。amazonで検索してみると6,000円以上でいろいろあります。
パナソニックかユアサのどちらかで検討する事にしました。最終的に少し高くつきますが保障期間が2年のユアサに対し3年のパナのこれに決めました。下の左側を注文して交換後に記事を書く為にアマゾンの商品ページを探していると、注文した時にはなかった右側の新製品が出ていました。しかも少し安い。で、手元に届いた商品を確認すると右の新製品でした。
 
新製品で良かったのか、値段で損したのか良く分らない複雑な心境でした。
 
 
 
この製品は80B24Rとなります。記号の見方は80が容量を示し、B24がバッテリーのサイズを示し、Rが端子の位置を示しているんだそうです。よって純正より2~3ランク上の製品となるようです。
 
では、実際の交換作業です。
 
キーはoffとし室内灯もoffにして作業を開始します。
 
実物の旧バッテリーです。粉を噴いているので交換するのが適切でしょう。
 
2017010311
 
安心の日本製です。
良くみると一番下にN80B24R/C6とあり新製品と分かりました。
 
2017010312
 
適合範囲に55B24Rが入っています。
 
2017010313
 
無料で回収もしてくれるようです。
 
2017010314
 
以前、電装品の取付作業用にメモリバックアップ用の商品を買っていました。その時はバッテリー端子を外さずに作業したので使用していませんが、今回はメモリー保護の為に使います。
 
2017010315
 
取り外して並べました。右が純正。
 
2017010316
 
バッテリーを所定の位置に置いて、取っ手を外そうとしましたが外れやしない。(外した後の写真)
 
2017010317
 
ちょっとした要領がいるようです。ストッパーを内側に折り曲げるように押えると簡単に取り外しが出来ました。下の写真の様に押さえるとうまくいく。
 
2017010318
 
ぐらつかない程度までナットを締めて固定します。絞め過ぎは禁物です。
ショートを防ぐ為に白いウェスをケーブル側端子に巻いています。
 
2017010319
 
端子を接続して終了です。
 
2017010320
 
勢い良く回るセルの音に安心感を覚えます。これで5年は大丈夫でしょう。

2017年1月 6日 (金)

エンジンオイル交換11万キロ

11万キロを超えているので交換時期なのですが忙しさからサボっておりました。天気良かったのでようやく重い腰を上げました。

記事には上げていませんが10万6000キロ辺りでオイル交換をしております。よって今回はオイルとフィルターの交換です。
 
もう111233Kmですね。
 
201701031
 
いつも買っている近くのYHには最近いつも買っていたオイルが無いので、今回は手ごろな値段のコレにしました。SM規格だからいいんじゃないでしょうか。
 
カストロ-ルGTX 5W-30 4L缶です。
 
201701032
 
3218円、お買い得品って書いてるから、買い得なんじゃないのって程度の認識です。
 
201701033
 
201701034
 
何となく粘度が高いような気がしましたが、気温のせいでしょうか。
オイル交換を終えて、油量をチェックしようと思ってオイルゲージを引いても抜ける気配なく、ぐいぐい前後左右に揺すりながら引くと折れてしまいました。
 
201701035
 
ネットで情報をチェックすると、どうもスズキ車の弱点のようですね。
 
Dで頼まなきゃならんか。
 

2017年1月 2日 (月)

12ヶ月点検

2016年9月に12ヶ月点検を受けております。

車検以外の点検はめったに受ける事は無いのですが、前回車検時に修理したトランスファーのオイル漏れが1ヶ月ほど前から再発していました。その修理のついでに点検もしておこうという判断です。
クレームのつもりではなかったのですが、オイル漏れについては無償修理して頂けるそうで助かりました。原因はシャフトにスジが入っていた為で少しずらせ着ける事で対応したそうです。
点検料と部品代と値引き少々で12,000円支払いでした。
ついでにタイヤのローテーションをお願いしましたが、ちょっとバランスが狂っている様で60Km/h付近でハンドルにブレが出ています。高速走行でブレはないので慌てて対処する事もないかなと放置しています。今までブレは無かったのでタイヤの片減りと位置の関係ではないかと思っているので、時間がある時にタイヤの磨耗具合を見てローテのやり直しをして見たいと思います。

2016年5月12日 (木)

オイル交換10万キロ

しばらく放置しておりました。

放置はブログだけではなく車弄りの方もでして・・・。
 
○十肩で洗車さえままならず、オイル交換も辛そうなのでサボっておりました。これはイカンとやろうと思うと雨が降るのでサボる言い訳にして、ついに10万キロも近付きました。
 
もうやる。絶対やる。と意気込んで作業したのでした。
 
95,000キロで交換するつもりだった3Lオイル缶は錆が出始めておりました。
 
201605071
 
100,000キロまで来てしまったのでオイルフィルターも交換しました。
オイル交換の時は必ず、ドレンボルトのワッシャも交換します。
 
201605072
 
オイルフィルターの交換にはやっぱりカップ型が使い易いです。
上から脱着できるので○十肩でも楽々でございました。
 
201605073
 
100,000キロ無事突破でございます。
 
20160511
 
あっ、タイミングべルトは何キロで交換だっけ?
調べとこう。

2015年9月20日 (日)

5年目車検

ご無沙汰でございました。

2回目の車検から帰ってきました。
今回は前回色々ありましたディーラーではなく、近くの整備屋さんに出しました。
トランスァーのオイル漏れ修理もやってもらいました。

20140513_143342_0008_2

修理代はほぼ工賃です。

20150918syaken

二ヶ所のオイルシール交換でリアとフロントイン側だったようです。

部品はオイルシール、ナットが各470円で残りが工賃となります。

リアが6,750円、フロントが9,000円となっています。

フロントは上段の狭い所にあるので難易度が高い為、少し高くなっています。

注油したギアオイル代を入れて、トランスファーオイル漏れ修理代は計18,380円となりました。

思っていたよりも安く上がりました。

車検整備諸費用、今回の出費は110,000円でした。

修理屋さんの対応もよく、納得の車検でした。

2015年7月 7日 (火)

85,000Km-オイル交換

知らぬ間に85,000キロを突破していました。

エンジンオイルの交換です。
Rimg0330
エンジンオイルは夏場に掛かるのでカストロール マグナテック5w-30を3L買って、前回と前々回の残りを使うと、また0.4L余ってしまいました。
オイル缶の廃棄の為に、カットして小さく折り畳むのですが、普通に注ぐと缶の構造上の中に結構残っています。
Rimg0329

カットして注油したほうが資源の無駄使いせずに済むと思います。
ついでに少し異臭が気になりだしたエアコンフィルターの交換も行いました。
150703_163209_2
こんなに大きなゴミまで入っていました。(ゴミが着いている方が下方向です。)
前回の交換は、三年前だったようです。
交換のフィルターは黄色い帽子で買った、カーメイトの安い方のフィルターです。
150703_163718
このフィルターって結構高いですよね。
これで約3000円だったと思います。
脱臭と言いながら、やや芳香剤も付いている様な匂いがしていました。
すぐに感じなくなったのは、慣れたのか、匂いが一時的だったのか不明です。

2015年4月 6日 (月)

オイル交換8万キロ

80,200Kmを越えました。

今回はオイル&オイルフィルターの交換です。
 
201504041

気温上昇中につき、5W-30を選択しました。 オイルフィルターは選択の余地なく、近くのYHにあるのはこれだけでした。

ドレンパッキンは毎回交換しましょう。変形によって密着する構造です。

201504042

------------------------------------

オイルが抜け切る間にトランスファオイルの点検も行いました。
※オイル漏れの量がごく僅かなので、まだ放置しています。

201504044

やや減っていたので、追加注入しました。

----------------------------------


エンジンオイルの注入量はこの方法でやると、オイルフィルター交換時で3.6Lとなります。

201504043

下回りには結構、錆が発生しています。
何か施したいけど面倒だな~。

無料ブログはココログ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

個人様のブログ