カテゴリー「ヒューズボックス」の記事

2011年4月18日 (月)

備忘録-ヒューズボックス

私的備忘録です。

必要な時に、現物を見たりや取扱説明書をめくったりするのは面倒なので画像を貼っておきます。(あれでも検索する方がいるかも知れないので、そんな方の為にヒットし易いワードも入れておきます)

ジムニーシエラ JB43W 7型 Xアドベンチャー No.2(運転席足元)のヒューズボックス

----------------------------------------------

※2/19の記事に新しい情報を追加して、新しい記事としました。

※次のDIYの為にヒューズボックスの電源の種類を検電テスターを使って調べました。検電テスターですから単に電気が流れているかどうかのテストです。

20110418_141059_0015

Jimnyhusebox1a

ONはキーをオンに回した時に電気が流れるON電源です。

ACCはキーをACCに回した時に電気が流れるアクセサリー電源です。

常時ははキーを挿さない状態でも電気が流れる常時電源です。

◎スタートはキーをスタートまで回した時に電気が流れる電源です。(セルモーター)

※あくまでもヒューズでの確認です。

ヒューズのタイプは、30Aのパワーウィンドウ以外はミニブレードタイプです。

※現在、交換しているのは3つ。

・(5)のシガーソケットのヒューズをヒューズ電源へ交換してレーダー探知機の電源を取っている。

・(7)のホーンのヒューズをヒューズ電源へ交換してドアミラー自動格納装置の電源を取りました。

・(2)のリアデフォッガーのヒューズからヒューズ電源でオートライトの電源を取っている。

あ、ヒューズボックスの蓋を見て分かりましたが、フューズプラー(フューズを抜く為の簡易工具)が付属しているようです。私はラジオペンチを使いましたので、どんな形状のものか確認していません。

20110418_141026_0014

中央付近に『FUSE PULLER』と書いています。

非常に狭く暗い所にありますから、フューズプラーを外すのも手探りの気がします。

※ヒューズボックスカバーは両サイドをつぶす様に押さえて引っ張れば外れます。

無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

個人様のブログ